Click here. VACUUM FULLは通常のVACUUMより非常に低速ですので、そのテーブルはしばらく利用できなくなるかもしれません。 VACUUMには大きく2つの形式があります。通常のVACUUMとVACUUM FULLです。 This page was last edited on 17 June 2011, at 12:36. 実際にはインデックスのサイズは大きくなる可能性があり、低速化、インデックスの使用時のより多くのディスクI/Oの発生、必要とするメモリ量の増加が起こります。 任意のテーブル列を対象にALTER TABLEを用いて同じデータ型にその型を変更してください。 この記事ではここで示した提言に対していくつか追加サポートを提供しています。 古いコードの問題には、9.0リリースの新しいレプリケーション機能との非互換性が含まれています。, 元原稿 --Ringerc 03:48, 26 November 2009 (UTC), Introduction to VACUUM, ANALYZE, EXPLAIN, and COUNT, https://wiki.postgresql.org/index.php?title=VACUUM_FULL/ja&oldid=14642. それはディスクフル状態からの復旧です。 必要な領域を解放する方法やテーブルを最適化する方法には他に優れた方法があります(後述)ので、基本的にはVACUUM FULLを使用してはなりません。, 9.0ではVACUUM FULLを変更します。 これはVACUUM FULLより大きく高速に行われ、テーブルそのものと同様にインデックスのサイズも減り、最適化されます。 外部キー制約の検査における参照テーブル上でのシーケンシャルスキャンを防止することができ、被参照テーブルのDELETEが高速になります。, 定常的にVACUUM FULLを使用することで膨張してしまったインデックスがある場合、通常 CLUSTERを使用してテーブルとインデックスを書き換えることが最善です。, 長期間テーブルをロック状態とするゆとりがなければ、テーブル上で問い合わせを実行させ続けながら各インデックスを個別に再構築することができます。 PostgreSQLの文書notes on VACUUM vs VACUUM FULLを参照してください。, autovacuumを十分な頻度で積極的に実行しているのであれば、テーブルが不要行が回収されないことが原因で、増大(膨張)することは決してないはずです。 しかし、CLUSTERを実行している間、テーブル内の使用中のデータすべてを保持するのに十分な空き領域が必要です。, CLUSTERに伴う問題は、それがインデックスにしたがってテーブルの順序を変えることです。 これは、UNIXのPostgres 9.3に固有です。 Windowsの場合は、このquestion参照してください。 Postgresシステムテーブルのクエリ SELECT schemaname, relname, last_vacuum, last_autovacuum, vacuum_count, -- not available on ; プライマリキーなどインデックスの一部は削除することができませんので、これはすべてのインデックスを整理する手法にならないかもしれません。, 理由のほぼ歴史的なものです。 (8.4より前では)空き領域マップの設定を増加させる必要があるかもしれません。 これはテーブルの論理的な変更が伴わないことは明確ですが、サーバはテーブルを書き換える必要があり、その時に不要なタプルを取り除きます。, SELECT ... INTOコマンドを使用して膨張したテーブルから新しいテーブルにデータをコピーし、インデックスを再作成し、最終的にはテーブルの名前を変えて古いテーブルを新しいテーブルで置き換えるする方が高速になる場合もあります。 Why not register and get more from Qiita? これは一般的に本当に間違った考えであり、自身のデータベースを高速にではなく低速にしています。, VACUUM FULLはほとんどの行が不要となった、つまり、その膨大な内容のほとんどが削除されているテーブルがある場合のみ必要なものです。 具体的には、完全にMVCCで安全なCLUSTERが利用できる用になる前はもっと有用なものでした。 しかし次の回避方法を使用することができます。 逆効果ですので、テーブルの最適化や定期保守として使用してはいけません。, テーブルに対してVACUUM FULLを実行する時、その操作の間テーブルはロックされます。 しかしCLUSTERの代わりにこれを使用する価値はほぼありません。 この方法、特にVACUUM FULLが行う方法により使用中のデータを移動することには何らかの大きな欠点と副作用があります。 Postgresqlデータベースの引越しを検討されている方や、引越し後にデータベースの肥大化に悩まされている方の参考になればと。, Live環境のPostgresqlデータベースの引越しを行って数週間後、Postgresqlのdata volumeがこれまでにない異常なペースで消費されていることに気付く。, このクエリの結果を見た所、データベース内で最もレコード数が多く、更新/削除も頻繁に行なわれているテーブル上で、AUTO VACUUMが実行されていないことを発見。(last_autovacuum がnullだった。), https://www.postgresql.org/docs/9.3/static/runtime-config-autovacuum.html, ディスク容量の異常な増加はストップしたが、AUTO VACUUMは不要になった領域を再利用可能にするだけなので、Postgresqlとしてのディスクの利用容量は減らなかった。。, https://www.postgresql.org/docs/9.3/static/routine-vacuuming.html. このため、OSに不要な領域を返却する必要性は決してないはずです。, 自動バキュームはすべてのPostgreSQLのバージョン劇的に改良されています。 絶望しましたねえ。 レコード数は1億レコードは優に超えていたと思います。インターリーブソートキーを利用していて、全くVacuumしていないテーブルをVacuumしたところ、全く処理が終わらず、終らないどころかディスク使用率が100%に到達してしまいました。 VACUUM FULLは通常のVACUUMより非常に低速ですので、そのテーブルはしばらく利用できなくなるかもしれません。 もっと重要な点は、VACUUM FULLはテーブルを小さくしますが、インデックスは小さくしないことです。 実際には CLUSTERはほぼ同じことを自動的に行い、かつ並行してインデックスを再構築できるからです。 VACUUM FULLはCLUSTERよりもテーブルを小さくするために必要とする空き領域がかなり少なく済みます。 また、自動バキュームが導入され、かつデフォルトで有効になる前では、深刻なテーブル膨張は良く起こりました。, 他に優れた代替方法がない、VACUUM FULLが有用となる使用方法が1つあります。 このためそのテーブルに対する作業を行うことはできません。 TRUNCATE TABLEが目的に適していなければ、代わりにCLUSTERを付けたDELETEを使用してください。, 外部キー参照の対象となるテーブルに対してDELETEを使用する場合、参照列にインデックスを付けることを検討してください。

Áりかけ Áかり Âレンジ 12, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18, Kindle Ů族 Ȧられたくない Ipad 4, ɝ Âイズ調整 Áかと 100均 6, Âランドセイコー Âーバーホール ȩ判 5, Julian Cihi Wiki 5, Ƶ本工芸 Âャスター Ŀ理 4, Ãンハン Űネタ Wiki 4, ə属札幌中学校 Ɂ去 ŕ 4, NJ Âージ Ɖ作り Ɖ 6, Âョジョ 2部 20話感想 5, Fortigate Dpd Ȩ定 14, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18,