楽天モバイルにてご購入のGalaxy端末 ガジェット大好き / Galaxy大好き / 嫁さん大好き / 台湾人でもパクチーは嫌い / 毎日の食器洗いは俺の仕事, 愛用のスマートウォッチ Galaxy Gear S3を使い続けて1年が過ぎたので、その使用感を中心にGear S3の紹介をしたいと思います。, 【追記】2019年10月、長年愛用していたGear S3のバッテリー持ちが怪しくなってきたので、新型のGalaxy Watch(46mm)に買い替えました。価格も下がってきたので、コスパとしては旧型Gear S3も有りなのですが、これから購入を検討するなら、新型のGalaxy Watchもおすすめです!, 【追記】また、Galaxy Watch、Gear S3におすすめなアクセサリについてもまとめてみたので、こちらも是非参考にしてみてください!, Galaxy Gear S3は、Samsungが2016年12月に発売を開始した、Tizen OSベースのスマートウォッチです。, 姉妹機として、デザインが異なるFrontierとClassicの2種類があります。Frontierのほうがスポーティで武骨なイメージ、そしてClassicは落ち着いたフォーマルなイメージ。クンヨシは、スポーティな時計が好きなのでFrontierを使っています。, ぱっと見たときに、スマートウォッチに見えないシンプルな外観が、どんぴしゃで好きになりました。今は毎日つけているのですが、スマートウォッチだと気づいた人はほとんどいません。, スマートウォッチというと、四角くていかにも「ザ・スマートウォッチ」のような時計もありますが、私は断然コッチ派です!, 外観に関しては、完全に個人の好みではありますが、シンプルで落ち着いているけどどこか武骨なデザインが好きな方は、結構好みなタイプではないでしょうか。, そして、見た目こそシンプルではありますが、その筐体は「MILスペック」と耐久性も完璧です。, 米国軍用規格(MIL-STD-810G )17項目に準拠。防水・防塵はもちろん、高低温、衝撃にも強く、 高度な耐久性とキズ防止性能を備えた「CorningⓇ GorillaⓇ Glass SR+」を採用しています。, 「腕時計は、あくまでも道具」という考えですので、気をつかうことなくガシガシ使いたいものです。実際、仕事中もあちこちぶつけたり、汚れたら水でじゃぶじゃぶ洗ったりしておりますが、今のところ全く問題なく使えています。, 頑丈さを謳ったスマートウォッチは他にもいくつかありますが、正直デザインがいまいちだったり、いかにも安物っぽい見た目だったりするものも多くあります。, デザイン良し頑丈さ良しなスマートウォッチをお探しの方には、Gear S3は非常におすすめできる1本だと思います。, スマートウォッチの中には長時間駆動を宣伝している時計もありますが、Gear S3も決して悪くありません。むしろ、良いほうだと思います。, で、実際のバッテリーの減りを測定したのが、以下のようになりました。(3回測定平均), 私の設定では、1日は全然余裕で持ちます。あまり通知がない日には、22時ころでも60%近く残っていることもありました。, ただ、1泊2日程度の小旅行では、ちょっとぎりぎりかなという感じです。1泊2日でキャンプにいくことが多いのですが、2日目の夜帰宅時には、残り15%程度となっており、充電なしだと1泊2日が限界かなと感じます。, これが、少ないと感じる方もいるかもしれませんが、他のスマートウォッチよりかは全然持ちます!, もちろん、「時計の画面を常にOFF」にしてウェイクアップ動作をON(腕を上げたり傾けることで画面を表示)にするとか、「明るさを下げる」など工夫すれば、多少バッテリーの持ちはよくなりました。(体感で1~2割程度), ですが、ウェイクアップ動作が面倒だったり、画面が暗くて見にくかったりと、結局いまの設定で落ち着きました。心拍数測定も不要なのですが、「よく使う」程度でしたら、あまりバッテリーに影響がなかったので、一応オンのままにしています。, また、Gear S3には「時計専用モード」があり、時計以外全ての機能をオフにすることで、長時間駆動モードにすることもできます。, このモードを使えば、なんと30日間も使用可能だそうです。満充電から、この機能を使うことは想定していませんが、万が一バッテリー残量が少ないときの延命にはなりそうですね。, ベゼルっぽい作りのあるスマートウォッチは他にもありますが、ベゼルを回転させることでメニュー操作ができるのは、Gear S3だけでしょう。, 電話に出る、アラームをオフにする、音量を調整する、ディスプレイの明るさを変更する、アプリを使う、メールを読む。すべてベゼルを回すだけで操作できます。, 職業がら、仕事中は基本的に手袋をしており、またアウトドア活動でグローブをしていても、本当に簡単に操作することができます。, もちろん、タッチ感度の調整もできて、手袋をしながらのタッチ操作も問題はないのですが、スワイプ操作よりもはるかに正確に操作することができます。, 通知がきたメールなどの内容を読むだけでなく、そのままキーボード入力、音声入力、スタンプ送信などですぐに返信することもできます。, Gear S3に内蔵しているマイクとスピーカーで電話することになるので、周りには通話がダダ漏れになるため、基本使うことはないでしょう。, 映画館で、両手にポップコーンと飲み物を持っているときに、連れからの電話がかかってきたのですが、両手がふさがっている状態でもGear S3で電話を受け取り、居場所を伝えることができました。このときは、素直に「めっちゃ便利やん!」と思いましたが、それ以降は使っておりません笑。, 一般の22mm幅の時計バンドを使うことができ、ウォッチフェイスと一緒に変えることで時計の雰囲気を一気に変えることができます。, 私は、Amazonでシリコンバンドとミラネーゼループバンドを購入して、使い分けています。, どうやら、色々な運動に連動して、そのアクティビティのログをとることができるようです。また、睡眠時につけることで、睡眠の質を測定することもできるそうです。, 私は、そこまで健康意識が高いわけではないので、この機能を使うことはないでしょうが、今後使うことがありましたら、またレビューしたいと思います。, Gear S3は、専用の無線充電器に置くことで充電することができます。これはこれで、毎回ケーブルの抜き差しがないので楽なのは良いのですが、少し難点なのはこの充電器が大きいことです。, めちゃめちゃ大きいわけではないのですが、折りたたむこともできないので、持ち運ぶときにポーチにいれたりすると意外とかさばったりします。, 1泊2日程度の外出でしたら充電器はいらないのですが、それ以上となると、充電器をもっていかざるを得なくなり、この充電器が少し邪魔に感じることがあります。, 無線給電ではありますが、Qi規格ではなさそうで、手持ちのQiスタンドにおいても反応はしませんでした。, 今後、Qi規格が採用されるようであれば、今流行りのリバースワイヤレス給電機能搭載のスマホ(Huawei Mate 20やGalaxy S10など)と合わせると、外出先でもスマートに充電することができそうですね。, 【追記】Galaxy S10シリーズのスマートフォンの「ワイヤレスパワーシェア」を使えば、Gear S3でもスマートフォンに乗せるだけ充電ができました!, Gear S3には独自のOS「Tizen OS」が使われており、汎用性の高いGoogleのWear OSではありません。, まずメリットは、ハードとソフト両方を自社開発することで、端末のパフォーマンスを最大まで引き出せること。(AppleのiPhoneとiOSが良い例ですね。)そのおかげでGear S3の動作は本当にヌルサクでして、今まで一度もフリーズしたり発熱したことはありません。, しかし、普通に使う上ではそんなに必要ないでしょう。ストップウォッチ、カレンダー、ヘルスケア関連など最低限のアプリは提供されていますし、あくまでも時計なのですから笑。難しいことは、大画面のスマホに任せましょう笑。, また、マイナーなOSだからっていつ開発が終わってサポート終了がくるかもしれないと心配される方もいるかもしれません。, 実は昨年2018年末、「Galaxy Watch」というGear S3の後継機が発表されており、そちらにもTizen OS 4.0が搭載されております。そしにGear S3はかれこれ2年前のモデルになってしまいますが、つい数か月ほど前、Tizen OS 4.0へのアップデートが届きました。, これらのことからも、直近で開発終了なんてことは考えにくいでしょう。もしかすると数年後、大きく変わることがあるかもしれませんが、その時はもっと良いスマートウォッチが出ていることでしょうし、買い替え時だと考えましょう。, Apple Storeにも、「Samsung Galaxy Gear Watch」というアプリが用意されており、こちらをインストールすることで使うことはできます。ですが、正直なところあまりお勧めできません。, 私も一時期、iPhone XでGear S3を使っていたことがありましたが、頻繁に接続がきれたりバッテリーの減りが早くなったりと相性はあまり良くなかったです。, ただ、私の使い方(単なる腕時計+スマホ通知確認)で限定すると、使えないことはありませんでした。, よって、iPhoneをお使いでスマートウォッチをお探しの方は、特別な理由がない限り、素直にApple Watchを購入することをお勧めします笑。, 昨年2018年10月、待望のGear S3後継機「Galaxy Watch」が発表されました。, 大きな変更はなさそうですが、色々なところでブラッシュアップされてたり、単純なスペックも向上しているとのことなので、これから購入される方は、こちらのほうを狙うのも有りかもしれませんね。, 私は、現状Gear S3で満足しているので、しばらくはGear S3を使っていこうと思います。, また、運動アクティビティに重点を置いた、SportsシリーズやFit2 Proなどもありますが、今回は割愛させていただきます。, 【追記】2019年10月、長年愛用していたGear S3のバッテリー持ちが怪しくなってきたので、新型のGalaxy Watch(46mm)に買い替えました。価格も下がってきたので、コスパとしては旧型Gear S3もいいのですが、これから購入を検討するなら、新型Galaxy Watchもおすすめです!, 本日は、【Galaxy Gear S3を1年間使い続けて分かったこと】ということで、Gear S3の紹介をお届けしました。, 昨年のスマートウォッチブームが落ち着き、各メーカー渾身のスマートウォッチがある程度出そろいました。それぞれ個性的で、技術的にも面白い製品が多い中、Galaxy Gear S3は「いつもつけていたい腕時計」という感覚のスマートウォッチだと感じます。, 現状のスマートウォッチの中でも、私が自信をもってお勧めできる1本であることは間違いありません。, -スマホ・スマートウォッチ -レビュー, スマートウォッチ, Galaxy Watch, Galaxy, […] [レビュー]スマートウォッチGalaxy Gear S3を1年間使い続けて分かったこと … […], […] [スマートウォッチ]Galaxy Gear S3を1年間使い続けて分かったこと […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

Âンプラ Âェザリング Âりすぎ 39, Bdからhdd Ãビング Áきない 4, ƹ南学院 Ɂ去 ŕ 5, Âオダイショウ Âルビノ ǹ殖 8, 8桁 Ɨ付 Ť換 Vba 7, Ŝ職中 Ȼ職活動 Ãレる 4, Fender Champ ǜ空管交換 6, Âマブラ Âノン ƨb ŏけ身 6, ɳ Ɖ羽 ƍき方 4, Px M5041f Wifi接続 9, Frequency Adverbs Ƅ味 5, Âォークインクローゼット 3畳 Ÿ団 8, L375s Âントカスタム ŏ扱説明書 4, Ɨ程再調整 Ãール Ȼ職 4, Steam Âントローラー Ǝ続 ňれる 7, Âルメ Âウリン Ő有量 6, Ãンガン Ãンパ V3 Ss Ãーレム 6, Ãモ Ɯ Áらすじ 7, ɣ事 Á誘いメール例文 Ãジネス 8, Java Âーム ǰ単 8, ɛ音 ȋ語 Ɠ音 15, Ãールドウォーz ɛ易度 Ɂい 8, ĸ2 ƕ学 ś形 ŕ題 4, Ɲ京ガス Âス管 ƒ去 12, ť ƃれてる Âイン 54, Jr ȥ日本 Ǚ車メロディー 5, Ư重 ů度 Ə算 5,