5日間、連続に点滴した時点で、なんかおかしいと、思ったんですね。 膵臓に直接働きかける薬は特になく、 もしずーっと(何ヵ月も)なくならなかったら、生検といって、怪しいと思われる組織を採って検査になるかと思いますが、 多すぎることで、押すと出てくるのではないでしょうか。また、針も猫ちゃんに対して太いのでは。穴が自然にふさがらないほど開いてしまっているということですか? 治療されるのがベストだと思います。, 我が家の犬と全く同じ経過をたどっていらっしゃるようなので、 以前家の犬も右の首のところにこぶのようなものができたのですが、 良性の脂肪腫(悪性は脂肪肉腫と呼ばれます)は腫瘍表面が滑らかで、皮膚や深部の筋層と接着していないため、皮膚越しに触るとつるっとすべるような感覚を受けます。 (1)1年前よりBUN55と若干常に高かった。CREは正常の為、55という数値では皮下点滴や飲み薬など何か治療をしなくてもよかったのか お野菜もあげてよいものとダメなものがあります。 夕方に迎えに行っている毎日なのですが 重くて重くてどうしても何度も抱え直したりしてしまい、今は頭も自分で支えられませんのでグラグラとしてしまいますし 1~2日で治りましたが、あまり長い間しこりが残るようなら、お医者さんに聞いてみた方がいいかもしれませんね。 おそらく当面は抗生物質などのお薬を投与しながらの経過観察になるかと思います。 小さ過ぎて、診断も付けにくく、また、他に症状がない限り緊急に診断をする意義も低いように思われます。 「何もない(ふくらみがない)。筋肉と勘違いしているのではないか」と言われました。 この数字が出る前の検査で、腎臓が悪いといわれ、2日間の点滴でここまで下がったと・・ 紙おむつがありますので、状況が落ち着くまでははかせておいたら 脂肪腫は1センチほどの小さいものから10センチほどのものまであります。(この範囲にあるとは限定できませんが) また、腎臓病についても、どんなことでも教えていただければと思います。 そして先月末、輸血をして1ヶ月もたっていないのに突然元気がなくなり病院へ。 さっそく今かかっている獣医に相談したのですが、 現在毎日点滴と制吐剤 抗生物質の注射を打っています。 あいまいな返答で申し訳ありません。, 心配ですね どうでしょう。うちも夜間や留守番時はおむつです。 3ステージ目で犬自身に変化が現れ、4ステージは末期の状態です。 体調が戻ってきていることから連れ帰ったのです。 結局は質問者様の気持ち次第かもしれません。 どうか、質問者様自身が看病疲れで体を壊さないように気をつけてくださいね。, こんにちは。投稿の内容を拝見し、とても切ない気持ちになりました。 フード以外で腎臓病の犬に与えても良い食材をご存知の方、教えてください。 文章を読んでいて思いましたが、本当に愛犬思いの頑張りやさんだなって 腎臓の悪いコが注意しなければならないのは食べ物だけではないのです。キッチンハイターなどの塩素系の洗剤について、主治医から追放するように指示されました。塩分は鼻からニオイで取り込むだけでもダメなのです。ちゃんと指示を守って「洗○革命」という酸素系の商品を使っていたのですが・・・ある日、来客の予定があるので室内をキレイにしようとハリキって、この酸素系の洗剤の付いた雑巾で床をせっせっと拭き掃除してしまいました。突然・・・ワンコが急変して様子がおかしくなってしまい、なにがなんだかわからず。このとき主治医が留守だったので、救急の病院を探してクルマで出掛けました。その時の病院で処方されたのが、窒素を吸着する墨のようなお薬でした。のちに出張から帰ってきた主治医に出来事を報告すると。わが家の居間の床は塩化ビニール製だったので、なんらかの化学反応を起こして塩素系のガスが発生してしまったと考えられると説明をもらいました。偶然、救急の病院を探すために、ともかくガス発生の部屋から外に連れ出したのが、たまたま幸いして大事にいたらなかったとのことです。(><)これも失敗でした。腎臓の悪いワンコは鼻からのニオイにも注意です。外出の際は工事現場の塗料など・・・臭いがする場所は避ける方が無難です。 もう食べ物は口にせず、立たせても数秒で倒れてしまうような状況です。 体調不良で獣医に預けている間に皮下点滴を受けました。 生まれつき体が弱く症状をネットで調べてもあてはまる病気がない、というような 5日間、連続に点滴した時点で、なんかおかしいと、思ったんですね。 ここは皮膚と筋肉の間にゆとりというか隙間があって、ここに液を注入します。 また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。 撫でるようにして触るとふくらんでいるのがよくわかります。 2月に血液検査をしたところ、血液の数値は白血球が多い以外は問題はないそうです。内臓も健康だそうです。白血球が多いのは耳に傷があってかさぶたがありました。それが原因のようとのこと。 諸事情により、7月22日までは病院に連れて行ってあげられないのですが、心配でたまりません。。。 というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。 減らしてもらいました。 針と漢方治療もできることがわかりました。 思うように水をのんだりごはんをたべられなければ、また来てください。とのことだったので、今日(4月12日)も連れて行きました。同じように皮下点滴と白血球の増加を抑える注射をされました。 私自身も疲れ切っている状態です。 奇妙な行動をとるようになりました。 腎臓病を大きく4つのステージにわけると犬に嘔吐・下痢・食欲不振などの、変化があった場合は3ステージ目と言うことが多いです。 うちのワンコは、入院とか検査の経験豊富なのでシリンジなんてしょっちゅうなんです。それだけに、皮下輸液の事が分かっていませんでした。 食べなければ出すものがないと言うことなので、便は出ないと思います。 コントロールしています。 質問ですが、病院で皮下輸液をしてもらっています。 3日程は少し元気になったもの、またうずくまってしまってるので点滴をしてもらいに病院へ。 昔どこでだったか、もんでやると吸収が早くなる、と読んだ気がするのですが、詳しい方がいたら教えて下さい。 膵炎のコントロールを自力でなさるのはむずかしいですよ。 ?となって、検査したりしなかったりで、そうこうしてるうちに消え失せるケースもよくあるので、シンガポールの獣医師さんがどこまで対応してくれるかもありますよね。 しながら生活することになります。 わかった時には末期の診断で覚悟をする状態でしたが、危なくなるたびに持ち直し今まできました。 家中を走り回ったり、上の方へのぼろうとしたり、 現代の人間の医学では、死を迎える人に対してのケアが幾度となく検討され、一昔前よりも手厚い医療と看護が行われています。 コブのようなふくらみができています。 獣医さんにそのことも聞きましたが、それが原因だとは言いませんでした。 膵炎のコントロールを自力でなさるのはむずかしいですよ。 ただ、静脈点滴は血管に直接送り込むだけに貧血に拍車をかけることになるので、そういった理由も関係しているのかもしれません。 しまいには嘔吐もしたため、再び病院へ連れて行ったところ 家に帰り横にさせて2回、首を上に上げて、目がくるくる・・朝までぐったり・・8日目、息ありました。 1. うちでは取り扱っていませんし、おすすめできません」 皮膚表面から触れる場所に脂肪腫がある場合には、軟らかいゴムボールのような弾力です(先生のおっしゃるぶよぶよ感ですね)。 その1 私のような無責任な発言者を探すよりも、訊いたことに最後まで答えてくれる獣医師を探すか、「インフォームド・コンセントのためのドクターズアドバイスマニュアル」(メディカルサイエンス社)などで勉強ください。 輸血後、『腎不全なので毎日かかりつけの病院で点滴をしてください』と言われ、翌日より毎日皮下点滴で通院。この頃はご飯は食べないで寝てることが多いけれど、足元もしっかりしそれなりに元気そうでした。4日程経過したところで悪くなっている感じがしたので『静脈点滴をすれば元気になる可能性ありますか?』と聞いたところ、『皮下点滴も静脈点滴も変わらない』とのこ。毎日皮下点滴をするものの、足元フラフラ、嘔吐、水も飲みたくても飲めない、という状態に悪化していき、それからさらに痙攣、激しい嘔吐となり苦しみながら亡くなりました。腎不全が発覚し2週間後のことでした。 当然のことながら吸収速度はさらに遅くなります. それまで締め切らないで下さいね。 背中をさぐったら小さな点の穴があり、そこを少し押すと液体がでてきます・・・。 このスレッドはペットの死にたいして深く考えさせられます。 長文です。すみません。 栄養としていれれるものがほぼない(ビタミンなどはいれれると思います) なんだか、早く死ぬように、されてた気がしてなりません。 猫は特に、経口でも注射などでも、異物にナイーブに反応することがよくあるので、良性でも悪性でも、こうした反応はあり得るところです。 自分でごはんも水も思うように飲めなくなってきたので、4月9日に病院につれていったところ、脱水症状が強いということで皮下点滴をしま...続きを読む, 点滴が「重くて」立てないほどとは、量が多いのでは?と感じますが。 沢山質問ばかりで申し訳ございません。 しこりではないので普通に触るだけだとあまりわかりませんが 触ったり、強めに押しても痛がったり嫌がる様子はありません。食欲、便は通常通り。元気もあり、普段の様子とまったく変わりません。 食事療法のみだと言われいます。 何度か行った事のある病院ですが信用していいのか困っています。 うちのワンコ、常に四肢のどこかに静脈確保のための剃り跡があるだけに、ちと辛いです。 これらの薬を約二ヶ月ほど与え、且つ食事も処方食のヒルズi/d(膵炎用、下痢止め作用あり)に切り替えました。 昨年も同じ注射をしたことがあるのですがその時は気になりませんでした。 結局、真剣に話し合った結果、通院回数を一日二回から一回に 体調不良で獣医に預けている間に皮下点滴を受けました。 基本、点滴をしていても飲食はします。 点滴をすればする程、ぐったりしてるんです。状態が悪くなってるんです。 1日、よく寝てました。スポイトでお水沢山のみました。飲まず食わずでしから・・尿は出てました。 「ウィルスがおなかに入ってくだしているのでは?」と言われ、 もし点滴をやめたとして溶体が悪化するとしたらどういうことが考えられるかと聞いたところ「元気がなくなる」とのことでした。 当初は動物病院から勧められた療養食(ドライ&ウエットフード)を少しずつですが食べてくれていましたが、ここ最近はほとんど食べなくなってしまいました。 「消化酵素」を与え、低脂肪・低繊維質のものを与える 思いました。きっとワンちゃんも、質問者さまに感謝してると思いますよ。 結果が出るものなのですか? 情報が多いのもかえって悩む所ですが(汗)こんな心配性の飼い主に、アドバイスを頂ければ嬉しいです。, 宜しくお願いします。 大きさが若干BB弾くらいになったので一昨日病院で見てもらいました。 須崎先生が犬の食事指導で有名ですが、もうひとり同じくらい食事指導で有名な獣医さんがいると、このQ&Aで教わりました。本村伸子先生という方です。その本村先生の本を最近入手しまして、読みはじめたのですが・・・その中で愕然とする衝撃的な記事を見つけてしまいました。ワクチンを年に1回打ち続けるコトがワンコの身体に、大きな負担になっているという内容の記事です。ワクチンは3年に1回で良いと推奨してあり、さらに高齢のワンコには、もうワクチンはいらない!と書いてありました。これは!!健康なワンコに対してすら・・・こう書かれているのですから。まして高齢で闘病中のコにはワクチンなんかいらなかったのです!!「あ~あの時に、この本を読んでいたら・・・」絶対にあんなバカな事はしなかったのに・・・涙。 ところが、補液の期間を少しあけてから先日血液検査を行ったところ、BUN値:66.7・GPT値:126・ALP値:2429と再び悪化していることが判明したのです。医師のすすめで心臓サポートの療養食(缶詰)を与えてきましたが、こうなると腎臓サポートに切り替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。ただ、かかりつけの医師は食事や食材についての知識はあまりない方で、元凶は心臓なのだから心臓サポートの食事が良いとおしゃいます。自己判断で納豆とフラックスシードオイルを毎日少量与えていますが、他に加えた方が良い食材・絶対に与えてはいけない食材、もしくは腎臓と肝臓機能の回復に効くサプリや漢方などの情報をお持ちでしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?我侭なコですが我が家にとっては天使のような存在です。出来る限りの事をしてあげたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。, 14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠...続きを読む, (^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。 速く感じるのは揉むことによって,周囲に分散する分 ここ2・3日は、腕が少し痺れていて困っています。 一度脂肪種ができる犬は、そういう性質がありますから手術で切除してもまた他の場所にできることがあります。 お薬を頂きその日は帰宅しました。 どうしたら良いのでしょうね。, 私も今月17日に腎臓病(最期は尿毒症の症状)の犬を見送りました。 (消化されないためうんちの量が極めて多いうんちを、 脂肪種の手術は2回目なので慣れましたが、手術自体より術後のケアが大変なのです。 その4 (3)2年前BUNが急激に悪化した際、静脈点滴で一気に下がり、すごく元気になりました。 2ステージ目でやっと血液検査に変化が見られます。 どなたか、今回のような症状をご存じの方はいらっしゃいませんでしょうか? 猫に点滴をしたのってはじめてでよくわからないのですが・・・。 ご参考になればと思います。 ©Copyright2020 愛犬と豊かな人生を散歩するワンコブログ.All Rights Reserved. 食欲は旺盛でそれなりに元気そうでした。 点滴は残されている腎臓の働きを助け進行を緩やかにする・身体を楽にすると言うのが主な目的になるので、点滴を受けるのがとても良く受けていなければ多少なりとも生きられる期間が縮むものだと思います。

ɮ ņ ȣ Ãスタ Œ風, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用, Âンスタ ŏ達 Ő前変更, ņ山 Ȫ生日 Âプライズ, Âエンタ Ȼ中泊 4人, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ,