たまに自転車の後輪にカバーを付けて走っている人を見かけますが、何か意味があるのでしょうか?... こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ディスクブレーキについて、どうなんだろうと思う人は多い... 自転車の中で、メンテナンスの頻度が高い部分のひとつにブレーキが挙げられます。ワイヤーが切れて... 自転車のスポークが折れてしまった経験のある方は、いらっしゃると思います。自転車のスポークは、車輪... ロードバイクを手にしたばかりの頃は毎日毎日磨いてパーツを眺めて、という方も少し経つとだんだん冷めて... 自転車の盗難被害はとても多いのです。ある年の一年間のデータでは東京都内の自転車東南件数は6万件に... どの自転車であってもパンクをします。自転車のタイヤは細いので仕方のないことです。パンクをしたらお店に... シマノ・アルテグラのペダルは、初めてビンディングを付ける人がお試しで装着してみるには、値段もこなれて... みなさんの自転車、荷台はついていますか?ママチャリなどの一般的な街乗り自転車には標準装備されてい... ロードバイクに乗っている方にとって必要不可欠なアイテムはいくつかありますが、特に空気入れは欠かせない... 皆さんは初めてロードバイクに乗ったとき、どのような感想を持ったでしょうか?スピード・ペダリン... ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。補助ブレーキの存在をご存知でしょうか?... 自転車の日頃のメンテナンスはどうしていますか。自転車も車と同じ車両の乗り物ですから、日頃のメンテナン... 皆さんがお使いの自転車には、ハブという部品が付いてます。この部品は、ホイールに付いている部品で、... ロードバイクなどで車道を走っていると、車を追い越しする場合があるかと思います。ただ、好き勝手... 自転車ペダルはクランクに取り付けるもので、ペダル軸のサイズは2種類が出回っています。, 9/16インチが主流で、ママチャリ、MTB、クロスバイク、ロードバイク、電動アシスト自転車、一輪車など多くの自転車で使われています。, 1/2インチのものは、ワンピースクランクとも呼ばれており、ピーチクルーザーやBMXなどで使われます。BMXに関しては、主流の9/16インチのペダルを増えてきています。, それからペダル自体にも種類があり、ノーマルペダルとビンディングペダルの2種類あります。, ビンディングペダルというのは、スキー板にブーツを固定する仕組みをヒントに作られたもので、ペダル軸はすべて9/16インチであり、足とペダルを固定することで効率のよいペダリングを目指しています。, アルミかスチールで作られることもある裏表同じデザインで、一般的な両面ノーマルペダル、片面のみが踏み面で、トークリップやトーストラップの取り付けを前提としたトークリップ対応ノーマルペダルがあります。, 踏み面が片側だけで、クリートが付属しているロードバイク用のビンディングペダルは、メーカーから複数発売されており、クリートの互換性はありません。, クリートにも種類があって、完全に固定してしまうタイプと、若干の遊びがあるタイプと色々あるからです。, それから、ロードバイク用ビンディングペダルに対応したシューズ裏は、クリートが大きく出っ張るため、歩き難いことに注意しておきましょう。, マウンテンバイク用であれば歩きやすく、クリートで固定できることを知っておくと良いでしょう。, そして、マウンテンバイクやダウンヒル競技のペダルには、デカペダルというペダルがあります。, トークリップやトーストライプは装着できませんが、簡易的なトーストラップの装着が可能なペダルもあることはあります。, マウンテンバイクを使用しているのであれば、ペダルにも注意を向けるのも面白いでしょう。, ペダル軸は同じでしょうが、マウンテンバイクは野山のような舗装されていない道を駆け回るために作られた自転車なので、ママチャリやロードバイクのものとは違った工夫がペダルにもあります。, マウンテンバイク用ビンディングペダルは、両面にビンディングがあるので、素早く装着できます。泥などがあっても装着できるように、隙間が大きく作られていることも特徴で、岩との接触や転倒に対応するように頑丈に作られています。, でかタイプだとペダルが大きめに作られているタイプなので、ビンディングに装着できなくてもペダルを回しやすいタイプになります。, ビンディングに対応するようにシューズ側にも突起があり、それをクリートと呼ぶのですが、メーカーごとに色々な種類があって、完全に固定してしまうものや遊びがあるものなどあり、それぞれに互換性はないと考えておいたほうがよいでしょう。, 自転車ペダルを取り付けるのに使う道具は、ペダルレンチ・グリス、その2つが基本でペダルが汚れているなら、パーツクリーナーやウエスで綺麗にしましょう。, ペダルには左右があって、走行中にペダルが緩まないように、ネジ穴は右用左用とあります。, 間違えてしまうと、ネジ山が異なることからクランクを壊してしまいます。左右の区別はペダル軸に刻印されていますし、左側のペダル軸にギザギサとした刻印もあると思います。確認しておきましょう。, グリスは、スプレータイプやゲルタイプのどちらでもかまいません。グリスをしていないとペダリングで異音がしたり、取り付けが不十分でガタが出たりします。, ただし、安物クランクのネジ山は精度が悪いため、締め付けがきついものがあることには注意しておきましょう。, 右用ペダルの軸は、正ネジで右回しで締まります。左用ペダルの軸だと逆で左回しで締まります。, 使用するスパナは、15ミリが一般的です。それでも中級グレード以上になると、6ミリや8ミリのアーレンキーを使用するタイプもあります。15ミリスパナは、自転車でよく使うのですが、日曜大工用の一般的な工具セットでは15ミリのスパナはほぼ使わないため、用意されていないことが多いので注意してください。, ペダルを取り付けるときは、ブレーキをかける、もしくはリアタイヤを押さえこんで、クランクと工具の角度に気をつけて取り付けていきます。, 特にアルミのペダルでは、注意深くバリを探しておきましょう。尖っているため接触してしまうと危険です。バリを見つけたら、マイナスドライバーなどで取り除いておきましょう。, 自転車のペダルを外すには、左右のペダル軸のネジ山が逆なので、当然左右で反対に回すことになります。, そして、クランクと工具の角度が大切になります。力をかけて外したときに、あまりの勢いで、手を地面に打ち付けてしまったり、自転車が倒れこんできたりするので、注意しましょう。, そうそうにペダルが外れることは少なく、屋外に保管していた自転車だとサビなどでもっと外れ難くなっており、力を入れなければ外せないことがほとんどです。, もしかすると、一般的なペダルレンチでは外れないかもしれません。少しでも安全に外すために信頼できる工具を使いましょう。, また上にも挙げましたが、左右のペダル軸でネジ山が逆になっています。逆ネジ(左側)というのは一般的でないため、知らずに回していると締め付ける方向なので、いつまで経っても外せません。, どうしても外れないというのであれば、プロ用の工具を用意しているショップに持ち込んでしまったほうが良いでしょう。, またロードバイクやマウンテンバイクといったスポーツサイクルに関しては、普通の自転車とペダルが違うようです。, 自分で試してみても、なかなか取り付けが上手くいかない場合は、自転車屋さんに見てもらうことをオススメします。. 変更 ), Twitter アカウントを使ってコメントしています。 変更 ), Google アカウントを使ってコメントしています。 まさしく秒殺ですγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ. どれも、難しいことは書いてはいないようで、統一して書かれているのはボルトの緩み止めのロックタブを曲げ戻して、レンチで回せということ。, 唯一、DVD版のワークショップマニュアル(ヘリテージのです)にSSTを使ってとありましたが、このSSTの絵を見るとボックスレンチのような物で、特別な物は使うとは書かれていないようです。, クランクが回らないようにフライホイールを押さえて、ボックスレンチで回そうと試みるも、一向に埒があかず、ハンマーでぶっ叩こうにもビクともしません。, クランクシャフトプーリーナットの締め付けトルク:150lbf・ft  20.7kgf・m, lbf・ftなんて単位はピンときませんが、20.7kgf・mということは、約203N・mってこと(  ゚ ▽ ゚ ;), これは、今までのやり方じゃぁ到底、太刀打ちできるはずもありません(って周知の事実? あはは…), ま、ダメもとで…最悪はまたエンジン乗せればいいし、インパクトレンチがあっても今後使いたい時もあるだろうし…と、インパクトレンチでトライしてみることにしました。, エアの方が良いという声を良く聞きますが、それは大きなコンプレッサーがあっての話です。, ボルトの締め付けトルクが203N・mなので、それ以上の締め付ける(緩める)トルクのあるものでなければ、いけません。, 使い勝手も考慮して、今回は電動タイプにしてみました。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ☆ 自転車と たくさんの仲間に囲まれた そんな日々を 時には一人のサイクリストとして 時には自転車仕事人としての目線で綴っています まったりネタからマニアックな自転車ネタまで いろんな話題を取り上げて行きたいと思います ※8mmのネジも正まわしのネジ。左側反時計回りにまわすと緩みます。 クランクの外し方外し方. クランク脱着専用工具の使い方 ☆作業には専用工具のほかに、モンキーレンチ(なるべく大型のもの)が必要です。 カラーがオールブラックになりました クランクの外し方 1. ( ログアウト /  ( ログアウト /  8mmのネジは相当固い。アーレンにパイプをさしてエクステンション(柄の部分を長くします)。テコの原理を駆使することで外すことができました。, 左側クランクを引っ張ってみる。両手で思いっきり引っ張ってみる。あれあれ、まったくもって外れる感じがしない。もしかして固着? 9/16インチが主流で、ママチャリ、mtb、クロスバイク、ロードバイク、電動アシスト自転車、一輪車など多くの自転車で使われています。 1/2インチのものは、ワンピースクランクとも呼ばれており、ピーチクルーザーやbmxなどで使われます。 変更 ), Facebook アカウントを使ってコメントしています。 今回は自転車のカスタマイズをする上で、敷居が高いと思われているクランクの取り外し方について解説していきます。自転車のクランクを外し方は内容を覚えてしまえば、難しい作業ではないです。今後覚えておくことで自転車のカスタマイズの幅も広がるので参考にしてみてください。, ここではクランクの外し方、取り付け方について解説します。3種類のクランクのうち、オクタリンク式・スクエアテーパー式は全く同じ工程になるので、, 手順①左手で自転車の後ろの変速機(リアディレイラー)のチェーンが通っている三角型の場所を指で持ち上げる、, 手順②左手は変速機(リアディレイラー)の三角形部分を上にあげたまま、右手でクランク側のチェーンも指でつまみ、持ち上げれてチェーンをクランクから外す, 3つの作業はクランクの種類問わず必ず行うことになるます。クランクの歯に近いところを、指でチェーンと持って行うことになるので、手袋があると手が汚れないのと、クランクの歯による怪我も防ぎやすいです。またチェーンをボトムブラケットにかけるときは、自転車に傷がつかないように、優しくチェーンをかけるように心がけてください。, 最近のロードバイクはホローテック式がメインにです。ホローテック性クランクの取り外し方について解説します。大まかな流れとしては、, クランクアームのボルトにTL-FC16を取り付けて半時計周りに回します。クランクアーム中央のボルトはプラスティック製で、工具を使えば手で簡単に回りますが、硬くて外れないなどであれば、手袋を付けるとより回しやすいです。, 中央のクランクアームボルト取り外し後は、クランクアーム根元についているボルトを外していきます。このとき六角レンチは5mを利用します。ボルトはクランクアーム根元に左右ついています。左右均一に緩めていくとボルトを取り外しやすいです。, クランクアームのボルトを取り外した後は、クランクアーム根元に隙間がありので、この中のクランク脱落防止用の小さいプレートを、マイナスドライバーやつまようじなど、隙間に入るものであればなんでもいいので、プレートを上に持ち上げます。わざわざ外す必要はないですが、外れてしまった場合はなくさないようにしましょう。, クランクアームのプレートを上に持ち上げると、クランクアームが自転車から取り外せます。あとはクランク本体を、自転車から引っ張り出して取り外し完了です。このとき手でクランクが外せない場合は、ゴムハンマーなどで、左側のクランクアームがついていた、金属製の筒になっている場所を、叩いてあげると取り出しやすいです。, クランクをボトムブラケットに挿入します。その時しっかり奥までクランク本体が入っていないと、左側のクランクアーム取り付けが難しくなるので、しっかりクランク本体を押し込んでください。クランク側の中央部をゴムハンマーで軽く叩いてあげると安心です。, クランク本体をボトムブラケットに挿入後、左側のクランクアームの取り付けします。このときクランク本体のクランクアームとは反対の方向に、左側のクランクアームを取り付けます。左側クランクアーム奥に押し込んだ後、クランクアームの根元にあるプレートを、クランクアーム根元の隙間にいれてください。, クランクアームプレートを入れたあとは5mの六角レンチで締めていきます。ボルトを締めるとき、ボルトのネジ山部分に、グリスを薄く塗り、クランクアームの根本にある、ボルトを左右均等の力で締めていきます。このときトルクレンチがあれば12~14n(ニュートン)で締めていくのが、適切な締め付け強度ですが、トルクレンチが無い方は六角レンチで、ボルトが外れない程度に締めてください。, 最後にクランクアーム中央部のプラスチック製ネジをTL-FC16で締め付けます。プラスティックボルトにはあらかじめ、ブリスを少量つけておいてください。左側のクランクアームのネジの締め付けの時、力はそれほどいりません。プラスチックボルトが外れない程度であればOKです。, ホローテック式クランクの取り外し・取り付け方法の解説は以上となります。注意するのはネジをなくさない。プレートを外してしまったとき、プレートをなくさないことです。, ここではオクタリンク式、スクエアテーパー式のクランクの取り外し方法と、取り付け方法の解説をします。流れとして, 主にクロスバイク、マウンテンバイクなどで使われている種類になります。クランクの取り外し方は2つの工程となります。, 六角レンチをボルトの穴に差し込み、クランクアームを右手で押さえ、左手で六角レンチを持ちます。クランクアームが動かないように手で押さえながら、六角レンチを反時計回りに動かすとボルトが外れます。, ボルトがはずれたら内部にワッシャーが、内部に残っていないか確認してください。ワッシャーが残っていると、クランクの取り外しができなくなるだけではなく、クランクの故障の原因になります。, もし、潤滑油を使ってもボルトが外せない場合は、この段階で自転車専門店に、クランクの取り外しを依頼してください。無理にご自身でボルトを外そうとしてご自身が怪我をされてしまう可能性があります。また潤滑油をボトムブラケットに吹きかけないように気をください。, 次にコッタレスクランク工具リムーバーを準備します、先端にネジ山がついている側を、クランクのネジ山にねじ込んでいきます。コッタレスクランク工具は本体中央から後ろ側も、ネジ式になっていますが、クランクを外すときは、事前に後ろ側のネジを最大まで幅を広げてください。, クランク側のボルトがついていた場所に、コッタレスクランク工具リムーバーを付けていきます。クランク側のネジ山をつぶさないように、コッタレスクランク工具リムーバーの先端を、手で時計周りに回してください。, コッタレスクランク工具リムーバーの先端部分を、クランクのネジ山の奥まで入れたあと、手でコッタレスクランク工具リムーバーの後ろのネジを、時計周りに回していきます。, コッタレスクランク工具リムバーの後ろのネジが、手で回らなくなったとき、モンキーレンチを使い、時計回りにさらに締めこみます。このときクランクアームをしっかり押さえながら、締め込みを続けてください。締め込みを続けていると、モンキーレンチで締め込みがいらなくなるぐらい、コッタレスクランク工具リムーバーの回転が軽くなります。, 再度コッタレスクランク工具りの後ろのネジが、手で回せるまで軽くなり、コッタレスクランク工具りの後ろのネジが締まらなくなりましたら、モンキーレンチを外して、手でコッタレスクランク工具リムーバーの先端部分を、半時計周りに回し、コッタレスクランク工具リムーバーを取り外します。コッタレスクランク工具リムーバーを外した後は、クランク本体を両手で持ち、自転車の外側へ引っ張ると、クランク側の取り外しが完了となります。, クランク本体の反対側も取り外し方法は、クランク本体側と同じ作業になります。まず六角レンチでボルトを外します。このとき、クランクアームは右手で押さえ、六角レンチを左手で反時計回りに回していきます。ボルト取り外し後、ワッシャーが残っていないか確認してください。, コッタレスクランク工具リムーバーの先端を、ボルトが入っていた場所に時計回りで締めこんでいきます。クランク側と同様、ネジ山がつぶれないようにしっかりネジ山を合わせて、手でコッタレスクランク工具リムバーの先端がまわらなくなるまで締めていきます。, コッタレス工具りの先端のねじ込み終わったあと、コッタレスクランク用具リムーバーの後ろ側のネジを、手で時計回りに回していきます。, コッタレスクランクりの後ろのネジが手で回らなくなったとき、モンキーレンチを使ってさらに時計回りに、締めこんでいきます。このときクランクアームは左手で押さえ、モンキーレンチは右手で持ちながら、締めこんでください。, モンキーレンチで締め込みが終わり、コッタレスクランク用具リムーバーの後ろのネジを回らなくなるまで、締めこんだ後、コッタレスクランク先端を半時計周りに回し、取り外します。コッタレス工具り取り外し後、クランクアームを手で持ち、自転車の外側へ引っ張ると取り外し作業が終了になります。, ボルトを付ける際に、グリスを塗るのが推奨されています。少量で問題無いのでネジ山全体を軽くグリスをつけてください。ボルトにグリスを付けておかなければボルトが外れない原因にもなります。, この作業はクランクがついている右側、クランクがついていない左側同様の手順です。左手でクランクアームを押さえ、六角レンチで時計回りにボルトを締めこんでいくだけです。ここで注意が2つあります。, 取り付け作業後はクランクを回してみて、異音やがたつきがないかを確認をすると事前にトラブルを防げます。, 今回は自転車のクランクの外し方について解説しましたが、クランクを外すときのポイントは, WEBライターとして活動しております。

Ɲ芝 Ʒ皿 Ȫ理, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,