しかしAさんとBさんがそれぞれ1勝ずつすれば3戦目が行われ、この3戦目に勝った方が最終的な勝者となります。 カテゴリー. それぞれの数字は最大対戦数を表しています。たとえばAさんとBさんがBO3のルールで戦って、どちらかが連続で2回勝利すれば3戦目は行われません。 !」インタビュー|「シャドバ」の夏を彩る世代を超えたコラボ曲, 『シャドウバース』の祭典再び! プロリーグの開幕戦も実施された“シャドバフェス 2018”1日目の会場全体をリポート, 豪華声優陣によるステージに、頂点を決めるバトルも! 『シャドウバース』初の大型イベント“シャドバフェス”2日目リポート, 【シャドバフェス!】バハムート降臨にガチャピン&ムックまで登場!? カテゴリー. こういったルールはさまざまなゲームに取り入れられています。 r/4 a/4 p/5 (ローテーション) ネクロマンス6がやや重いものの十分強い。 十分採用圏内のカードだが、同じ4コストではオルトロスを優先する事が多いか。 進化リオードを取れたら確定採用だった。 アンリミでも採用可能性がある。 (アンリミ) シャドウバース(シャドバ)の攻略サイトです。イベント攻略や最強デッキランキング、各カード一覧など、どこよりも早く、見やすく、分かりやすくを目指して掲載していきます! みんな待ってた……! テレビアニメ「マナリアフレンズ」が2019年1月に放送開始、制作はCygamesPictures, 「Shadowverse」で「マナリアフレンズ」コラボキャンペーン&第11弾カードパックアディショナルカード提供開始記念キャンペーン開催, 冬アニメ『マナリアフレンズ』BD第2巻封入特典は『シャドウバース』内で使用できるシリアルコード, Cygames、『シャドウバース』×『スクフェス』コラボのリーダースキン「高海千歌」「渡辺曜」「桜内梨子」の動画を公開, 「ラブライブ!スクフェス」,「Shadowverse」コラボ記念のストアがオープン, “セガ音ゲー”דサイゲームス”コラボが開催。『グラブル』『シャドバ』『プリコネ』の楽曲が追加, 『シャドバ』×『ワンパンマン』コラボが5月21日開催。サイタマたちのリーダースキンが登場, 『シャドバ』×『リゼロ』コラボでエミリアたちのリーダースキンが販売。まとめ買いでスリーブをもらえる, 「NieR:Automata」と「Shadowverse」がコラボ! リーダースキンやログインボーナスなどゲーム内イベントが実施, カードショップでもShadowverse! !』がテーマ曲として使用された[266]。, Cygames主催の本作の大型オフラインイベント。公式グッズの販売や、大会、有名プレイヤーとの対戦会、公式コスプレイヤーの撮影会、「しゃどばすチャンネル」の公開生放送などが行われている[267][268]。, 2015年10月16日に東京・六本木のニコファーレにて製作発表会が行われ、ゲームのコンセプトや制作スタッフ、メインキャラクターと声優、および基本的なゲームルールやメディアミックス展開についてなどが発表された[23]。2015年11月29日には東京・秋葉原のe-sports SQUAREで事前募集の抽選に当選した一般参加者向けの先行体験会が開催された[16]。ゲストとしてタレントの佐藤かよが登壇したほか、メインキャラクターの声優を務める優木かな、石上静香、佐倉薫も参加した。体験会ではディレクターの齊藤優太によるゲームの説明や各ロールのコンセプトが発表された。, 2017年1月12日に韓国・ソウルで韓国国内での展開に関する発表会を行い、同年2月7日に韓国版を配信することを発表した[272]。配信前に行われた事前登録キャンペーンでは、登録者数が30万人を突破した[273]。マーケティング調査を行っているスパイスマート社のレポートによると、配信前から大規模なプロモーションを実施し、デジタルマーケティングやテレビCMを中心に十数億ウォンを拠出したとされている[274]。, 2016年9月3日から「シャドバスやろうぜ!」と題したキャラバンツアーを開催し、千葉県、福岡県、宮城県、愛知県、大阪府、北海道の全国6都市で出演声優によるゲーム紹介、対戦会やミニ大会などを開催した[9]。, 2017年4月22日には沖縄・イオンモール沖縄ライカムで、第9回沖縄国際映画祭とのコラボレーション企画として「人気芸人がくるさー!島ぜんぶでシャドウバースお笑い祭」と題したイベントが開催され、板尾創路、蛍原徹、チュートリアルなどのお笑い芸人による本作の対戦が行われた[275][276]。, 2018年8月3日に公開されたインタビューにおいて、プロダクトマネージャーの森慶太は「遊ぶ」こと自体が盛り上がるようなプロモーションを大切にしていきたいと語っており、その一環として勝敗に関係なくルームマッチをプレイすると抽選で100万円や商品が当たるゲーム内イベントを開催している[277]。, 学生によるイベント主催のサポートなどを通して学生同士の交流や対戦を楽しむ場を提供し、学生プレイヤーの活動を支援する方針を取っており、その一環として2018年8月26日に近畿大学オープンキャンパスにおいて近畿大学esportsサークル主催のイベントのサポートを行った。イベントではゲーム実況者もこうによる対戦会や、本作のプロダクトマネージャーである森による講演会などが行われた[278]。, テレビCMについては配信当初より時期については予定しており、対戦ゲームであることから多くの人に知ってもらえること自体が面白さに繋がるという認識から力を入れている[91]。ビデオリサーチ社は、2016年末から翌年の年始にかけて、本作のテレビCMの出稿が1ヶ月前に比べ約10.6倍に増え、アプリの利用時間が約26倍に増加したことを報告しており、テレビCMの効果により利用時間が増えたと推察している[279]。下記の他にも、新カードパックが配信されるたびに、そのカードパックを紹介するテレビCMが放送されている。, 2017年には、台湾・台北市で開催された台北国際動漫節2017[287]、ジョージア州・アトランタで開催されたMomoCon(英語版)、ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo、フランス・パリで開催されたJapan Expo[288]、オーストラリア・メルボルンで開催されたPAX Australia 2017[289] に出展した。2018年には、台湾・台北市で開催された台北国際電玩展(Taipei Game Show)[290]、アメリカ・ボストンで開催されたPAX EastおよびAnime Expoに出展した[291]。, Cygamesの取締役であり本作のプロデューサーを務める木村唯人が、ディレクターを務める齊藤優太と新しいゲームの企画について話し合う中で、新しいゲームかつ海外でも遊ばれるようなゲーム性であり、また木村個人がTCGが好きだったことからプロジェクトが発足[17]。, ゲームデザインのメインプランナーを務める宮下尚之は木村からスマートフォン向けのTCGを作らないかと持ち掛けられ、「可能性のある企画」であると感じ、2014年にCygamesに転職して本作の開発に携わった[38]。当時、いくつかのデジタル・トレーディングカードゲームのタイトルが売り上げを伸ばしており、宮下はこれらのタイトルを参考にしつつも、既存のアナログTCGの面白さを突き詰めたデジタルTCGのコンセプトを固めていった。, 開発体制は既存のスマートフォン向けゲームと大きく異なり、ゲーム開発を行うデベロップチームとテストを繰り返すテストチームに分かれるTCGの作り方と同様の方式を取っている[17]。また、2017年12月21日に公開された宮下へのインタビュー記事ではAIを活用した自動デバッグの導入が進められており、2018年中には導入予定であることが明らかにされた[76]。, 先攻後攻での勝率の差などの様々なプレイデータの収集、分析をおこなって、対戦のバランスやサービスの向上に活用している[20]。ベータテストから配信開始直後の対戦データを解析した結果、先攻の勝率が60%弱に上っていたことを受け、予定していた調整候補のうちから、後攻は1ターン目に2枚カードを引くようにゲームルールが改定された。メインプランナーの宮下はゲームバランスについて、緩やかな有利不利は許容しつつ、総合して何かが飛び抜けて強いことがないように気をつけていると述べている[20]。, 3ヶ月に一度、新規カードパックを配信しており、1弾につき約100枚の新規カードを追加している[44]。カードを制作する際のカードバランスの調整については、TCGプランナーが実物でカードを作成し、実際に対戦しながら既存カードとの相乗効果やリーダーごとのバランスを調整している[292]。, バトル中の進化や対戦相手とのコミュニケーション機能であるエモートなどにおいて使用されるリーダーごとに個性的な「キャラアニメーション」、カードをプレイしたときや攻撃した際の「エフェクト」、対戦結果の表示に使用される「UIアニメーション」、バトル開始前の演出として用いられる「カメラワーク」といった点でアニメーションが取り入れられている。開発時に、オンライン対戦時に描画負荷によってゲームプレイを阻害しないことや、e-sportsとして競技性を保持できるかが課題として挙げられ、「高品質かつ低負荷を両立した快適にプレイできるアニメーション」の実現を目標に各要素の開発が行われた。開発当初はバトル中のリーダーのアニメーションを導入する予定はなかったが、ユーザーに愛されるキャラになってほしいとの想いや、プレイヤー同士のコミュニケーションおよびゲーム内演出強化のために導入が決定された[293]。, プレミアムカードに付けられているアニメーションは、製作コストや高いクオリティを維持することなどを勘案し、専用の「カードシェーダー」によってシェーダーのみで制作されている。これを使用し、元のカードイラスト、マスク、合成テクスチャを組み合わせることで各カード固有の演出を作成している[42]。, 「Shadowverse Portal」はデッキ構築支援サイトとしてCygamesによって運営されているウェブサイトである[294]。カード情報の検索、閲覧が可能であるほか、構築したデッキ情報を元に発行されたデッキコードを入力することで、「Shadowverse Portal」および『Shadowverse』ゲーム内で同じデッキを参照できる[295]。本来であれば40枚のカード情報をコード化するには40文字以上が必要であるところ、「Shadowverse Portal」ではわずか4文字のコード化に成功している。これについてCygamesの技術顧問である倉林修一は「ユーザーが“このページを見ている”行為をコード化する」ことにより実現したと語っている。また新たに開発したデータベース機能により、ウェブサイトにおけるカード検索機能が強化されている[296]。, 2017年12月の第7弾カードパック実装と同時に新しいクラス「ネメシス」が追加され、実装されたクラスは全部で8クラスとなった。企画当初からクラスの数について、稼働初期は7クラス、ある程度時間が経過したときには8クラスがちょうどよくなると開発内では考えられており、このクラスの追加は稼働当初から決まっていたことであった。プロデューサーの木村はIGN Japanのインタビューに対し、元々『Shadowverse』は8クラスを持って完成するものだと考えていた、と語っている[76]。, 『しゃどばすチャンネル』のタイトルで2016年1月29日からニコニコ動画にて配信開始。パーソナリティはアリサ役の優木かな、エリカ役の石上静香とイザベル役の佐倉薫[300]。, 上述のシャドバフェスにおいて公開生放送を行った[301] ほか、2018年3月4日には北海道・札幌市のイオンモール札幌苗穂にて公開収録が行われた[302]。, 『シャドウバース』のタイトルで、2020年4月7日からテレビ東京系列にて放送中[305][306][307]。アニメーション制作はゼクシズ[305][308]。ストーリーと登場キャラクターはアニメ独自のものとなる[309]。, Nintendo Switch用ソフト『シャドウバース チャンピオンズバトル』が、2020年11月5日にCygamesから発売された[315]。ジャンルはカードバトルRPG[315]。, Vol.1、2が2019年6月27日に発売され、「リバースオブグローリー」は単独でシングルとしても発売された[320]。本作のカードパックのプロモーションビデオで使用された楽曲が収録されている[321]。, 配信開始日である2016年6月17日からの9日間で200万回以上のダウンロード回数を記録した[326]。以降、2017年11月時点でダウンロード回数は1400万回[327]、2018年2月8日時点で1600万回[328]、2018年5月14日時点で1800万回[329]、2018年8月20日時点では1900万回[103]、2018年10月29日に2000万回[330]、2019年4月26日には2100万回を突破している[331]。, 日本では、2017年9月29日に本作にとって初めてとなるApp Storeのセールスランキングの1位を獲得。その後2018年3月30日にも1位を獲得した。スパイスマートによると、それぞれ第6弾、第8弾カードパックの配信を含むアップデートによるものと考察されている[332][333]。, 韓国と台湾ではリリース直後のセールスランキングにおいて17位、13位にそれぞれランクインした[26]。, 4Gamer.netにおいて2016年6月29日に公開された記事においてライターのH.Hは、本作の対戦、カードのデザイン、ストーリーについて「いずれも完成度が高い」と評している[334]。本作の特徴としてデッキ構築時にリーダーの中から1人を選べ、そのリーダーに設定されているクラスと得意戦術がデッキの構成や戦い方に影響を与える点を挙げている。, ライターのマフィア梶田は2016年7月12日に公開された4Gamer.netの自身のコラムにて、ルールがシンプルで入りやすいこと、チュートリアルがわかりやすいことや、キャラクターやカードのデザインが比較的日本人向けであることが「幅広い層にウケた要因」であると分析している[335]。, IGNのCAM SHEAは2016年7月22日に公開された記事において、本作を「見逃せない魅力満載の作品」と評している[18]。『ハースストーン』との類似点はあるものの、「運の要素を最小限に抑えるゲームとして開発されている点」において一線を画すると指摘している。進化システムについては、「本作をユニークにしている最大の要因と言っても過言ではない」と評しており、「進化のタイミングを考えるのは『Shadowverse』で最も戦略的な判断の1つで、ゲーム全体に奥深さを与えている」と述べている。一方で、後攻側が背負うハンディキャップをこのシステムで解消できるかどうかが課題であると指摘している[注 4]。ストーリーについては、本作を「他のTCGから際立たせる要素の1つ」と述べており、メロドラマ調に演出された憂鬱な雰囲気を持つこと、それぞれのキャラクターが抱えた恐怖や不安と戦わなければならないというアイデアなどがゲームの深さに寄与していると評している。そして、ストーリーモードにおけるバトルは各クラスの基礎を把握するための「素晴らしい教科書」であるとも述べている。ゲーム表現については、露出度の高いキャラクターがいることから万人向けではないとしながらも、そのことが本作の日本製TCGならではのスタイルを強調していると述べている。また、ディティールに拘って作られたグラフィックやアニメーションが付けられたプレミアムカード、立体的に見えるよう作られた戦場などにおいて「ゲームに磨きをかける努力」が随所に見受けられ、本作が「優秀なデザイナーと開発者たちの素晴らしいチームワークによって生み出された成果」であると述べている。, 配信後の反響について、配信から約半年後にGame*Sparkで公開された記事広告において宮下は、配信当初はカードゲームファンのユーザーに広まり、そこから少しずつ広めていければと思っていたが、半年で多くのユーザーを獲得できていることは嬉しい誤算であり、驚きと感謝があると述べている[93]。, SuperDataのリポートによると、全世界売上において期間の途中に配信を開始したにも関わらず2016年中に1億ドルの売上を記録し、TCGの中で『ハースストーン』に次ぐ2位であった。このレポートの中で、本作は2016年において傑出したデジタルTCGであり、先駆者である『神撃のバハムート』よりも深いゲーム性を持ち、新しいTCGの潮流の一部であると評されている[336]。, 2016年12月8日にグーグルより発表された「Google Play Best of 2016」において、ゲームの部・ベスト対戦ゲーム部門の大賞を受賞した[337]。, 2017年2月15日に、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」を展開するフラーより発表された「App Ape Award 2016」において、アプリ・オブ・ザ・イヤー2016ゲーム部門の優秀賞を受賞した[338]。, 2016年に発売、配信もしくはサービス中のゲームから、ファンの投票によって選ばれる「ファミ通アワード2016」において、優秀賞およびルーキー賞を受賞した[339]。, 電撃オンラインの読者投票によって2016年のベストコンシューマータイトルおよびアプリを決定する「電撃オンラインアワード2016」においてアプリ部門の第3位となった[340]。電撃Appでは投票者のコメントとして、シンプルである一方奥が深いカードゲームであることや、イラストが綺麗、デッキ構築が楽しいといった評価を挙げている[341]。, 2016年11月26日から27日にかけて開発元のCygamesの親会社であるサイバーエージェントが主催したゲームイベント「第1回FRESH!杯〜シャドウバース編〜」において、一般参加枠で出場し優勝したプレイヤーが自身のブログにて「全試合配信と言っておきながら出場したBブロックの配信がされず、概要に記載されていた賞金の記述が何の説明もなく削除されたことでバカにされた」と怒りを露わにし炎上[342][343]。本大会の運営に携わっていたサイバーエージェント傘下のGAMYは賞金については消費者庁との協議の結果出せないと判断したことなどの経緯を説明し謝罪した。, 2018年3月13日、Cygamesは、本作に登場予定のカードのイラスト製作を担当した外部デザイナーが、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社のカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』のイラストを転用したとして謝罪した[8]。Cygamesは10日、台湾のWeb番組や公式Twitterアカウントで当イラストなどを先行公開していたが、公開後に視聴者から指摘を受けて問題が発覚した。イラストを修正してリリースする予定であることも同時に発表した。, 2018年8月31日より開催された「BOS ローテーション杯 Vol.3」から1回敗北ではなく2回敗北に変更された, 本編表記は「シャドウバース特別編」、公式サイト等の表記は「シャドウバース特別編2」。, この点を解消するため、このレビュー掲載後に後攻は1ターン目にカードを2枚引けるよう仕様が変更された, China Weekly, May 23: Netease taking on Shadowverse and Dawn of Titans, 【重要】「Ver.2.2.15」配信に伴う注意事項について(7月31日 13:00追記), Cygames、待望の新作アプリ『Shadowverse』のリリース日が決定!! !」, CyberZとエイベックス、「RAGE Shadowverse 」の予選大会を一新! 「店舗大会」と「地方大会」が加わり地方のプレイヤーも参加しやすい形式に, 【RAGE 2019 Spring】「RAGE Shadowverse 2019 Spring GRAND FINALS」王者は「GTT|たばた」選手に決定! 次回大会は4月上旬よりエントリー受付を開始, 【イベント】「RAGE Shadowverse 2019 Summer」予選大会2日目をレポート…経験者だからこそ分かるコンディション管理の大切さやRAGE2日間の楽しみ方も, “【イベント】「RAGE Shadowverse 2019 Summer」予選大会1日目をレポート…RAGE参加経験者が大会に挑む際に覚えておきたいポイントを伝授”, “【イベント】「RAGE 2019 Summer」を幕張メッセで開幕…『シャドウバース』『PUBG MOBILE』『ゼノンザード』『ナナカゲ』のブースを展開”, “シャドバフェス 2018”内で2日間に渡って大激戦! 『シャドウバース』公式プロリーグ“RAGE Shadowverse Pro League”の開幕戦の模様をリポート - ファミ通.com, 『シャドウバース』プロリーグ開催決定!「au」など4社が参入し、選手には月額30万円を保証, 「RAGE Shadowverse Pro League」,開幕スペシャル応援サポーターにガチャピン&ムックが就任, 日テレ率いる『シャドバ』プロeSportsチーム“AXIZ”を直撃!「初対面でビビッときた」実力派4人がRSPLのテッペンを目指す!, https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/416/416365/, “読売新聞社が“GIANTS”ブランドを活用したesportsチーム“G×G(ジー・バイ・ジー)”創設、『シャドウバース』リーグに参戦! 原監督も期待のコメント”, https://www.famitsu.com/news/201812/25169890.html, https://wellplayed.media/interview-softbank-20190927/, 【DNG シャドウバース部門】新メンバーを加え、RAGE Shadowverse Pro Leagueに参戦!, バスケのレバンガがeスポーツ参戦へ 協賛のサッポロビール担当者「日本に大きなうねりを生み出す」, “「Shadowverse」のeスポーツ国内プロリーグに,福岡ソフトバンクホークスが参入”, https://www.4gamer.net/games/321/G032147/20190729019/, Shadowverse Rise of Bahamut ~ファミ通CUP2017~, 2200人の頂点に立ったのは、ふぇぐ選手! 『シャドウバース』公式全国大会“Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~”詳細リポート, Cygames、『Shadowverse』の大会「全国高校生シャドバ甲子園 2018」を開催決定! 7月21日より全国各地で予選を実施、8月24日から決勝大会開幕, 【シャドウバース】“全国高校生シャドバ甲子園2018”を勝ち抜いたのは寝屋川高校チーム!激闘をプレイバック, Sou × Q-MHz「SUMMER VERSE! 「bo1,bo3,bo5」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「bo1,bo3,bo5」について解説します。 今回は「BO1,BO3,BO5」という表記について詳しく解説します。, BO1,BO3,BO5とはゲームのルールを簡素に書いたもので、それぞれ「1回勝負で1本先取した方の勝ち」「3回勝負で2本先取した方の勝ち」「5回勝負で3本先取した方の勝ち」という意味です。 27. シャドバ(シャドウバース)のテンポラリーカードについてまとめています。テンポラリーカードの詳細を掲載しているので、テンポラリーカードの情報を知りたい際にご活用ください。, テンポラリーカードとは、カード分解やプレミアムカード生成などを行えない、特殊なカード。通常のカードと同じようにデッキに組み込むことができ、ランクマッチなどでも使用することができる。, 現在テンポラリーカードとなっているカードは、CLC(クラシックカードパック)からSTR(鋼鉄の反逆者)までのレジェンド各1枚ずつ。またリーダースキン付きカードや、構築済みデッキに封入されているイラスト違いのカードは使用できない。, 現時点では判明していないが、テンポラリーカードには使用期間がある。テンポラリーカードがあるからと言って無闇にカードを分解してしまうと、使用期間外になった際に困ることも有り得るので、カード資産のやり繰りは慎重に行おう。, テンポラリーカードは、配布だけでなく、テンポラリージェムとの交換で手に入れることもできる。テンポラリージェムはバトルを行うことで獲得できるので、お目当てのレジェンドカードを使うためにも、たくさんシャドウバースをプレイしよう!, © Cygames, Inc.※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶シャドウバース公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。. 事前登録は間もなく終了…8月頃に大型アップデートを予定, 『シャドウバース』の全国キャラバンツアー“シャドバスやろうぜ!”初日の様子をお届け, JCG Shadowverse Open 2nd Season Vol.36 結果速報, 「Shadowverse」追加第5弾「ワンダーランド・ドリームズ」ショートインタビュー&新カードギャラリー, 【インタビュー】Cygamesのシナリオチームリーダー・佐藤氏に訊く…ソーシャルゲームにおけるシナリオ作り, 【2016 注目クリエイターに訊く】『神撃のバハムート』の世界観を継承する超競技型TCG『シャドウバース』, 新作デジタルTCG「Shadowverse」を先行体験会で一足お先にプレイ。気になるゲーム概要や独自要素「進化」の魅力をレポート, 【年始企画】急成長を見せるCygames 昨年の振り返りと今後の取り組みを常務取締役 木村唯人氏に訊いた 新作『Shadowverse』の詳細も, 株式会社Cygames 本格対戦型デジタルトレーディングカードゲーム『Shadowverse』日本語版・英語版制作決定!事前登録募集開始!, 【「シャドウバース」特集】ゲームデザイン・宮下尚之氏にインタビュー!後攻2ドローの効果や2Pickのコツを訊く, eスポーツ×衆議院議員選挙による「eスポーツ体験イベント~日本の未来を決める~」公式レポート―20代の男女が多数来場, 【発表会】「競技性の高さに自信あり」…Cygamesが放つ本格対戦型デジタルTCG『SHADOWVERSE』の概要と美麗カードの制作秘話, "「Shadowverse」第2回クローズドβテストの開催日程をお知らせいたします。", 本格対戦型デジタルTCG『Shadowverse』 「DMM GAMES」にて8月22日よりPC版の配信を開始!, Steam版『シャドウバース』10月28日より配信開始―「スタンダードカードパックチケット」が貰える記念キャンペーン開催, Cygames、『Shadowverse』の韓国語版を配信決定! 1月17日より事前登録キャンペーンを開始 2月7日にAndroid版/iOS版を同時リリースへ, 『Cygames、『Shadowverse』繁体字版をApp Store 、Google Play、Steamで配信開始, 《影之诗》(shadowverse)斗鱼次元卡牌之王招募令!_《影之诗》官网_5分钟公平竞技卡牌手游, 「シャドウバース」編集部がピックアップした「ワンダーランド・ドリームズ」注目カード22枚をレビュー, 【12月29日実施】アップデートのお知らせ(2017年1月1日 00:30 追記), 【Unite 2017 Tokyo】『Shadowverse』のカード制作におけるスキル構築の効率化やグラフィック演出の仕組みを紹介, 【連載】『Shadowverse』の強いカード、お教えします! 編集部が選んだ推しカードをクラスごとに紹介【第8回-ニュートラルのすすめ編】, 2年目を迎える「シャドウバース」の次なる目標とは?ゲームデザイン・宮下尚之氏インタビュー, kuroebiのトーナメント指南 特別編:シャドウバースを遊びつくせ! ゲームモード紹介, Cygames、『Shadowverse』でグランプリ「BOS ローテーション杯 Vol.3」を8月31日15時より開催!, 『シャドバ』3月9日のアプデより“グランプリ”機能が追加。第1回ゲーム内大会も開催, Cygames、『Shadowverse』で9月27日よりメンテナンス…新カードパック「十禍絶傑」の追加を中心としたアップデートのため, Cygames、『Shadowverse』で5月30日より「起源の光、終焉の闇」にアディショナルカード17枚を追加 「2nd Anniversary 人気カード投票」も, Cygames、『Shadowverse』でメインストーリーに新章を追加 「災いの樹編 -最終章-」は全リーダー共通ストーリー, Cygames、『Shadowverse』でメインストーリー「ギルド争乱編」を3月9日アップデート後に追加 アリサたちの新たなる物語が始まる, "#シャドウバース 6月28日実施のアップデートにて、メインストーリーの難易度調整を実施いたします。", kuroebiのシャドウバース入門 第9回:デッキ構築のイロハ・アグロで駆け抜けろ, "Shadowverseにてイザベル(CV.佐倉薫さん)を描かせていただきました!", kuroebiの「Starforged Legends / 星神の伝説」注目カード紹介・その2, "告知遅くなりましたが、Shadowverseにてネクロマンサーのルナ(CV.小倉唯さん)を描かせていただきました!", 「Shadowverse」インタビュー後編!ネクロの新能力やカードの開発方針、フォーマットについて, "『Shadowverse』ビショップクラスのキャラクター担当させてもらいました。", kuroebiの「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」注目カード紹介・その2, “Cygames、『シャドウバース』で新機能「カードパックポイント交換機能」を9月19日のメンテナンス終了後より追加!”, 「Shadowverse」インタビュー前編!「時空転生」開発の裏話や新クラス「ネメシス」について, 【3月29日 00:00~09:00実施】アップデートに伴うメンテナンスのお知らせ(3月29日 09:00追記), 【ゆく年くる年特別企画】2016年の「Shadowverse」を振り返る! プロデューサー木村氏インタビュー, 『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで, Shadowverseインタビュー!新パック「起源の光、終焉の闇」のテーマや新フォーマットの反響など, Cygames、『Shadowverse』で1900万DL突破記念キャンペーンを開催決定! 第9弾カードパックのアディショナルカード記念キャンペーンも同時開催, App Store売上ランキングの1週間を振り返る…『デレステ』&『FGO』が首位獲得 『真・三國無双 斬』『ドラガリアロスト』など新作が躍動, 【Google Playランキング(9/29)】「十禍絶傑」追加の『シャドバ』が引き続き好調 人気イベントシリーズを開催の『白猫PJ』が14ランクアップ, 【サイゲフェス】「シャドウバ―ス」、ウィッチのレジェンドフォロワー「スウィート★メドゥーサ」など新カードを公開, App Store売上ランキングの1週間を振り返る…『ドッカンバトル』が映画連動が奏功し首位 『アナデン』や『星ドラ』が存在感 『FGO』は首位の場面なく, Cygamesの『Shadowverse』がApp Store売上ランキングで11位に急上昇 第11弾カードパックのアディショナルカードの提供開始で, 【App Storeランキング(3/29)】第12弾カードパック提供開始の『シャドウバース』が4位に スクエニの新作『グリムエコーズ』が早くも46位に登場, 【Google Playランキング(3/29)】「★5(SSR)カーマ」登場の『FGO』が首位回復 第12弾カードパック提供開始の『シャドウバーズ』は92位→7位 『ドラゴンボール レジェンズ』も好調, 第13弾カードパック「Rebirth of Glory / リバース・オブ・グローリー」, 【独占】エイラ再び!『シャドウバース』新弾“リバース・オブ・グローリー”の新カードを公開【シャドバ】, 【App Storeランキング(6/28)】カプコンの新作『戦国BASARA バトルパーティー』がトップ30入り 「ミリオンフェス」開催の『ミリシタ』が3位に, 【Google Playランキング(7/1)】『ミリシタ』、『デレステ』がともにトップ10入り 第13弾カードパック提供開始の『シャドバ』は23ランクアップで7位に, “【App Storeランキング(9/20)】初代ドラクエコラボ開始の『DQウォーク』が首位回復 新カードパックプレリリースで『シャドウバース』は4位に”, “【Google Playランキング(9/20)】『FGO』が2位浮上 新カードパック「森羅咆哮」プレリリースの『シャドウバース』は36ランクアップ 『サカつくRTW』はACミランスカウト開始で159位→30位”, 【App Storeランキング(12/24)】新カードパックプレリリースの『シャドウバース』が首位に 7人のレジェンド登場の『ウイイレ2020』は3位, 【Google Playランキング(12/24)】『シャドバ』が新カードパック「アルティメットコロシアム」のプレリリース開始で22ランクアップ, 【Google Playランキング(12/25)】「聖夜のランダムボックス」登場の『ラグナロク マスターズ』が11ランクアップ 新カードパックプレスリリースの『シャドバ』はトップ10入り, “Cygamesの『シャドウバース』がApp Store売上ランキングで首位に急浮上! 新カードパック「ナテラ崩壊」のプレリリース開始で”, “【App Storeランキング(3/27)】新カードパック「ナテラ崩壊」プレリリースの『シャドウバース』が首位 新作『ヒプマイARB』が早くも6位にランクイン”, “【Google Playランキング(3/28)】『シャドバ』が新カードパック「ナテラ崩壊」プレリリースでトップ10入り 「イントレピッド」等の期間限定建造実施の『アズールレーン』は49→23位”, 【初公開】『シャドバ』17弾新カードからアルカナゴッド“《力》・ソフィーナ”降臨!, 【App Storeランキング(6/26)】「黒嵐装備ふくびき」開催の『DQウォーク』が首位 新カードパックで『シャドバ』が2位、『デュエプレ』は5位に, 【Google Playランキング(6/29)】新カードパックプレリリースの『シャドバ』がトップ10入り 『エピックセブン』は「海辺のヴェローナ(CV:川澄綾子)」ピックアップで53→17位, “【App Storeランキング(9/25)】ネクソンの新作『V4』が16位にランクイン 新カードパックをプレリリースの『シャドウバース』は3位浮上”, “【Google Playランキング(9/28)】バラモス登場の『DQタクト』がTOP30外から9位に! 新カードパックをプレリリースの『シャドウバース』が急上昇!”, 【シャドウバース】“バハムート降臨”ついにリリース! カードパックチケット10枚もらえるキャンページ実施中, 『シャドバ』ワンダーランド・ドリームズ配信。パックチケットがもらえるキャンペーン実施, 『Shadowverse』に第6弾パック「Starforged Legends/星神の伝説」が実装!, 「Shadowverse」、新カードパック「Brigade of the Sky/蒼空の騎士」配信開始! 8月中旬に更なるカード追加を予定, 『Shadowverse』第10弾カードパック「十禍絶傑」よりヴァンパイアのレジェンドを含む、追加カード3枚を初公開&考察!, 『シャドバ』新パック“十禍絶傑”は9月27日提供開始。カードパックチケットを獲得できるキャンペーンが実施, 「Shadowverse」第11弾カードパック「Altersphere/次元歪曲」が12月27日より提供開始!, 「Shadowverse」第13弾カードパック「Rebirth of Glory / リバース・オブ・グローリー」が提供開始!, Cygames、『シャドウバース』で本日より新カードパック「森羅咆哮」のプレリリースを開始! 合計100パックまでクリスタルで先行購入が可能に, https://news.mynavi.jp/article/20191228-947917/, Cygames、『シャドウバース』で「Fortune's Hand / 運命の神々」正式リリース記念キャンペーンを開催 特別ログインボーナスや勝利報酬キャンペーンなどを実施, “Cygames、『シャドウバース』が本日メンテナンス後より新カードパック「Storm Over Rivayle / レヴィールの旋風」のプレリリースを開始”, “「Shadowverse」の新カードパック「Storm Over Rivayle / レヴィールの旋風」が提供開始!”, https://www.gamer.ne.jp/news/202009290063/, Cygames、『Shadowverse』で1月28日のメンテナンス終了後より「第5弾構築済みデッキ」をショップに追加 1セット購入につき特典をプレゼント, Cygames、『シャドウバース』で第6弾構築済みデッキを7月30日に発売! 豪華購入特典は7月29日に発表, Cygames、『シャドウバース』で第7弾構築済みデッキを1月27日メンテ後より販売開始! 購入セット数による特典も, Cygames、『Shadowverse』で限定レジェンドカードスリーブ付きの構築済みデッキ第3弾を販売開始 Master Pointランキングで特別称号の配布も, "9/10(日)「Shadowverse」のキャラクターが参戦! レジェンド戦力41「エリカ」(cv石上静香)", "10/31(火)新キャラクターが登場!レジェンド戦力45「ルナ」(cv小倉唯)", 『シャドウバース』と『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』がコラボ! ゲーム内でコラボアイテムを配布中, Cygames、『シャドウバース』で第16弾カードパック「ナテラ崩壊」の特設ページと公式PVを公開 『アイドルマスター シンデレラガールズ』コラボも3月30日より開催, Cygames、『シャドウバース』で「アイドルマスター シンデレラガールズ」クエスト開催決定 ぴにゃこら太との対戦で報酬をゲット, "シャドバのグラブルリーダースキン各種、わりとゴツめにアニメーションの監修してますので何卒。", 『シャドウバース』×『ストV』コラボは4月27日開催。エンブレムやスリーブをもらえる, Cygames、『Shadowverse』でユヴェントスF.C.

Seventeen Ȩ念日 ĸ覧, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,