状況になってしまいます!, 2.0T、2.0Tqには アウディA4&A4アバントを そういう意味で言えば、クルマだけでなくとも、良いもの(※必ずしも高級品等いうことではなく)を一度は所持してみることは、大いに意義のあることだと思います。, 今より少しだけいい車を買うなら、できる限り良い条件をディーラーから引き出すのが所有への近道です!, ポイントは決して売るわけでなく、買取り見積書を持ってディーラーへ行くこと!!! ?って思ってディーラーの担当者に聞いたら、これはコースティングモードになっていて、ギヤが切り離されているとのこと。, このコースティング機能は、一定の条件下で勝手に作動(体感だと60km/h位の速度)して燃費を稼ぐようですが、最近手動で出来ることに気付きました!, どんな速度域でもいいので、パドルシフトレバーの「+」と「-」を同時に手前に倒してみて下さい!, すると即座にコースティングに入ります。実際、燃費にどれほど影響するかは分からないですが、バーチャルコックピット内の平均燃費はスルスル伸びていきますよ!, 管理人は長距離ドライブなどで飽きてくると、たまーにパドルで遊んだり、中間加速する際にワザとギヤ落としたりすることがあります。, しばらくすれば元のDモードに勝手に戻るのですが、それを手動で戻すには今まではシフトノブでMモード→Dモードといちいち操作していました、、、, 都内や豪雪地帯でない限り中々機械はないと思うのですが、洗車時などにもワイパーを立てたい方もおられるかもしれません。, アウディ車に限らず、最近の車はワイパーのスタンバイ位置がボンネットの下にあることがあるかと思います。, これもやり方は簡単で、イグニッションオフにしてからワイパーレバーを「1×」に下げます。, 上記の操作をすると、ワイパーがフロントウィンドウ中央まで移動して止まるので、後は手動で立てるだけ!, 戻すときは、イグニッションオンにしたら、ワイパーを窓面に戻して、再度ワイパーレバ-の「1×」を下に下げると、ワイパーが元の位置に戻ります。, ボイスコントロールで住所や電話番号で設定するか、MMIで設定する。もしくはボイスコントロールのオンライン検索で施設名を直接話すとか。アウディコネクトでオペレーターと話すなんてのもありますよね。, これはアウディオーナーが使えるスマホアプリ「My Audi」というもので、iPhone、Androidともに対応しています。, このアプリはダウンロードした後に、ディーラーでのセットアップが必要になりますので、必要な方はお近くのアウディディーラーへお問い合わせください。, すると今自分がいる場所と、愛車の位置が地図上に表示されます。広い駐車場などで自車の場所が全くわからなくなった!!!なんて時にもこのマップは役立ちますよ!!!, 話はもとに戻りますが、アプリ上部の目的地の検索という検索窓に調べたい目的地の名称や住所などを入力します。, そして目的地が画面上に表示されたら、後は左下の「送信する」ボタンをタップ!そうすれば愛車のMMIに目的地が送信されます。, 注意したいのは、これで終わりではないところ。この状態で愛車に乗っても目的地は設定されていません!!!, 目的地を送信したら、今度は車両のMMIで目的地入力から、「myAudi目的地」を選択。そうすると先程スマホアプリから送信した目的地が表示されるかと思います。, 管理人のよくやる使い方としては、明日ドライブ行くなどの際に、前の晩にでも目的地をはじめ立ち寄りたいスポットなどを調べて、スマホアプリから送信しておきます。(しかも何カ所でも大丈夫), 上記で紹介したスマホアプリ「My Audi」を使えば、車の施錠状態や履歴をリアルタイムで確認できます。ライト消していないとか窓開いてるとかもリアルタイムで確認が可能。, なんて時は、サッとスマホアプリを立ち上げれば確認できます。しかも、万が一施錠していない場合は、スマホからそのまま、遠隔操作でロックできますよ!!!, アプリの設定にディーラーでの登録が必要というのが、やや面倒ではありますが、アウディオーナーであれば便利なので是非使ってみて下さい!, 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 これからも皆様が少しでも背伸びしてでもクルマを買いたくなるようなブログを目指して更新していきますので、是非ブックマークに登録して、2日に1回くらいはチェックしてみてくださいね!, 更新情報はTwitterでお伝えしますので、是非フォローしてください!励みになります!!!, ものに溢れた現代において本当に良いものを選ぶには、審美眼が必要です!しかし、そのためには本物がどういうものであるかを知っている必要があります。 アウディと言えばa4というイメージがある方は多いと思います。 ベンツで言うところのCクラスであり、BMWで言うところの3シリーズがA4です。 要は日本・世界各国両方で一番売れていると言えるモデルということですね。 コンプレッサーが保証されるなら 買う前にサービスキャンペーンで, そして中古車販売店の    ↓ 気になるアウディA4の サービスキャンペーン(無償交換) 販売店に下取り額UPの交渉をしたら B9型Audi A4 Avant S line Packageオーナーが実際に乗っていて気付いた便利機能!!! はじめに 管理人が乗っているのは2018年式 Audi A4 Avant S line Packageです。 年式や装備オプションによって操作方法が異なるかもしれないので、その点は予めご了承ください。 せっかくアウディA4オーナーなんで実際 …    ↓ 【新型A4の詳細】10月7日、アウディジャパンは、新型「A4」の日本仕様を発表した。, 2016年に登場した5代目A4のビッグマイナーチェンジモデルが、ようやく日本に上陸した。, フロントグリルや前後パンパーをはじめ、ドアパネルまでも一新するなど、外観には大幅に手がくわえられた。全モデル、新たにブリスターフェンダーを装着したことで、全幅は5mm拡大した。ボディ形状はセダンと、最大1495リッターのラゲッジルーム容量を持つステーションワゴン、そして最低地上高を50mm高めたクロスオーバータイプのオールロード・クワトロの3種類から選べる。, オールロード・クワトロは、フロント、リアともに15mm トレッドを拡大し、最低地上高を50mm高めている。走行モードシステム「アウディドライブセレクトダイナミックハンドリングシステム」にはオフロードモードが追加された。, アヴァントおよびオールロード・クワトロのラゲッジルームは通常時495リッター、リアシートを格納すると1495リッターに拡大する。, 内装は、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を搭載。インパネ上部のスクリーンはタッチパネル式になり、操作性が向上したという。, 搭載するエンジンは、2.0リッター直列4気筒ガソリンターボと3.0リッターV型6気筒ガソリンターボの2種類。前者は出力の異なる2タイプ(150ps/249ps)があって、いずれも小型モーターと組みわせたマイルドハイブリッド仕様になる。トランスミッションはデュアルクラッチタイプの7ATだ。, 後者は、ハイパフォーマンスヴァージョンの「S4」に搭載される。最高出力354ps/最大トルク500Nmを発揮し、8ATを介して4輪を駆動する。高性能化に伴い大径化された専用デザインの19インチアルミホイールやスポーツサスペンションなどを装備する。インテリアは、専用デザインのスポーツシートやステアリング・ホイール、カーボンファイバー製トリムなどを装着し、差別化する。, 新型A4の価格は、セダンが455万〜627万円、ステーションワゴンのアヴァントが484万〜656万円。オールロードはモノグレードで634万円。S4セダン/アヴァントは895万円/924万円だ。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります. まわって1軒・1軒と見積をだして 自身のモチベーションアップのために、3年毎にクルマを変えることにしている。なので、いつも次期愛車を検討している人です。. 思っていた車がこんな価値があるとは 【動画・土屋圭市が提案?若い人はRAV4を買え?!】伝説の5冠元RQ藤木由貴とモータージャーナリスト工藤貴宏が24分徹底解説!, 【動画・土屋圭市降臨】レクサス NXを土屋圭市、工藤貴宏、伝説の元5冠レースクイーン藤木由貴が40分徹底解説!, その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介, アウディ 5代目A4(ABA-8WCVN・DBA-8WCVK・DBA-8WCYRF)のインパネは機能が充実!, 実のところシフトノブに手を置くと、ディスプレイオーディオの操作パネルを操作できるのです。, スピード計や回転計はもちろん、さまざまな情報をデジタル表示できることはもちろん、コネクトサービスでつながっているマップを画面いっぱいに表示, は通常マップとGoogle Earthの2種類が用意され、表示方法は2Dヘディングアップと2Dノースアップ、3Dや全ルートを選ぶことができます。, 施設検索からガソリンスタンドや駐車場位置の情報取得など専任のオペレーターが代行し、24時間365日いつでもナビ画面に表示されます. 一括査定をしたことがあるんですが、 しかしあなたが ©Copyright2020 UP LIFE GOGO.All Rights Reserved. ここ最近ブログサボりぎみですが・・・ここ2週間の報告ですまずはエアコンが全然効かなくなってしまったアウディa4をレッカーにて引き取って来ましたきれいなa4です… a4(エーフォー)は、ドイツの自動車メーカー、アウディが製造・販売するffベースの(dセグメント)自動車である。 アウディ・80(北米ではアウディ4000と呼ばれた)、アウディ・90に代わって日本では1995年に導入された。 All rights reserved. 乗り味ばかりか価格まで。いや、その前に見た目の印象も、ずいぶん柔和になった。攻撃顔ではなく、受けとめる側に回った、そういう柔らかさだ。ボディサイドのキャラクターラインをピキピキに立てていた頃は、先進的どころかむしろバロックの域に入って、その肩に力の入った感じが見ていて痛かった。ところが今回、ビッグ・マイナーチェンジが施されたモデルイヤー2021年のアウディ『A4』は、インテリ風情というか、らしさが戻ってきた。, 無機質さよりも無駄のなさ、シンプルな線と面構成が際立つ、血の通ったデザインになった。聞けば、前期フェイズよりフロントフェンダーは5mmほど広がり、ドアもリアフェンダーパネルも別物に一新されたとか。, アウディ A4アバント 改良新型(35 TFSI Advanced)借り出したのは「A4アバント 35 TFSI」で新たに設定された「advanced(アドバンスト)」というグレード。LEDのリアコンビランプなど外観に関わる装備はSラインと同じで、約70万円ほど車両価格を下げたとか。試乗車にはオプションのラグジュアリーパッケージ23万円也が入っていて、運転席メモリー機能を備えたシートはパーシャルレザー使いだったが、本物のレザーに近い質感と打目模様のアルミパネルによる穏やかなモノトーンは、なるほどアウディらしい。, コントロールパネルはタッチパネル1画面に、ダッシュボードセンターがエアコン、その下にドライブモード選択やESPなど主要な走行パラメーター関連のボタン類というオーソドックスさで、A6のような上下2画面ではない。だが明快な機能表示とアクセスのよさはメーターパネルやステアリングホイール上にまで及び、操作上で戸惑うことはなく、むしろ安心感を覚える。次はパワートレインを見てみよう。, アウディ A4アバント 改良新型(35 TFSI Advanced)確かに、「S4」と「クワトロ」に次ぐ、直4・2リットルターボの150psによるFF仕様だが、今回のビッグマイナーチェンジの眼目である12Vマイルドハイブリッド(MHEV)化の恩恵は受けている。通常のバッテリーとは別に荷室のフロア下、要はスペアタイヤのスペースに駆動力用のリチウムイオン・セカンドバッテリーを積み、最大60Nmのアシストを必要に応じて前車軸に送る。もちろん荷室容量や後席スペースは、バッテリーの割を喰ってはいない。, いざ走り出すと、ゼロ発進から初速がのる域では、確かにモーターの恩恵だろう、2リットルという排気量に見合わぬ、ヌルリとした出足の軽さを感じる。ちなみに最大トルクは270Nm/1350~3900rpmと最初からトルクは分厚いのだが、電気の加速感にありがちな、後ろから蹴飛ばされて首に来るような唐突さや、モーターとICEの継ぎ目は感じない。, アウディ A4アバント 改良新型(35 TFSI Advanced)街乗りから高速道路まで、新しいA4アバントのマナーはジェントルそのものだ。FFであることを差し引いても、1570kgの車両重量は今やめっぽう軽い。それでいて今回のマイナーチェンジでは相当にボディに手が加えられ、サスペンションのマウント部の素材を熱処理することで、剛性を大幅に高め、軽くできたという。微低速域から足がよく動き、小さなギャップもそそくさと拾っては、いなす。, 神経質な上下動のない大人びた乗り心地は、言ってはなんだが、『S8』や『A6』のようなハイテクな足まわりによって作られ、守られている乗り心地ではないながら、日本のせせこましい道でかくもサービス精神に満ちた優しい乗り心地は、意外なほどだ。, ちなみに試乗車にはオプションで、外からの音を減じて静粛性を高めるアコースティックガラスも入っていた。, アウディ A4アバント 改良新型(35 TFSI Advanced)いずれA4アバントが奥ゆかしくもその本領を見せたのは、ワインディングだった。前後の荷重移動を使う走り方をしても、素晴らしくしなやかに、かつ控え目にアシが弾む。それでいて左右いずれかから逆位相へ切り返す時も、ロール・ゼロの中立を意識させないほどシームレスに、沈み込みと伸びが緻密にコントロールされている。よってロール感はともないつつも、4輪の接地がまるで薄れない。, ブレーキングで前脚が突っ張ることもなく、ドライバーの意志に応じてヨーを喰っては、積極的に旋回を作り出す。12V MEHVの恩恵か、トラクションの立ち上がり方も適度に鋭く、小気味よい。弱アンダーステアという主張こそ決して曲げないが、ひと昔前の直線番長めいたドイツ車の、フロアは地面と平行であるべし的な、説教めいた挙動と比べたら、大したサービス精神だ。元よりアウディはドイツ車の中でもしなやかさが際立つ乗り味だったが、陽気さが加わった、そんな印象すら抱いた。, アウディ A4アバント 改良新型(35 TFSI Advanced)数少ない難をあげつらうなら、3つほど。ステアリングの軽さはイージー・ドライビング時は申し分ないが、ワインディングなどでは舵角や加速度やペダル操作に応じて、もっとどっしりしてくれたら、と思うことがある。ふたつ目は、大きめ舵角をあてるとステアリング裏の9時・3時位置のパドルが行方不明になりやすい。この2点は慣れの問題だが、ラスト1点は乗り心地や穏やかスポーティなハンドリングに寄与しているであろう、抑えめサイズの17インチホイールが、もう少し垢抜けてくれたら。昔のスピードライン風の美シンプルなタイプの方が似合いそう…という辺りだ。, また燃費についてだが、WLTCモードのミックス条件で13.6km/リットルという値に、確かに今どき驚きはない。が、バッド・サプライズではないし、むしろ高速道路条件では15.5km/リットルと、長距離で伸びそうなことを考えれば、久々の本格的な快速スポーツ・ワゴンとして、552万円の車両価格ごと「アドバンスト」は注目に値する。とはいえクワトロがどんなか?も気になるところで、後日、セダンの「A4 45 TFSIクワトロ Sライン」も試してみた。, アウディ A4セダン 改良新型(クワトロ)先のA4アバントのFF仕様と目立つ違いは、ワゴンとセダンである以外に、ハニカムグリルやフォグランプ周りがよりスポーティ外観であること。同じ2リットルターボの別チューンで、出力が+99psの249ps、トルクが+100Nmの370Nmとスペックごと積み増しだが、可変バルブリフトが2駆では吸気側だったのに対し、排気側となること。そして7速Sトロニックのギア比はまったく同じだがファイナル減速比が上がっていること。他にもオプションのスポーツサスペンションと19インチホイールを装着していた。, 結論からいってしまえば、ルーフという背負いモノが小さく、パワー感やそのつき方、トラクションの安定感ばかりか後輪側からプッシュの効く感覚まで、クワトロは2枚ほど上手だった。わざと狭く小さい峠道にもち込んでみたのだが、バイクのような軽快感とキレさえあった。増したトルクやパワーを持て余すどころか、素早くトルクがとり出せる分、結果的にパワーの使い方もトップエンド近くまで欲張れる。, そこに盤石の制動力としなやかなサス、そしてFR気味に後輪側が沈み込みつつ、押し出すようなフィールを醸すクワトロのトラクション…が加わって、楽しくないはずもない。トッピングというより出汁ごとパンチが効いている。これだけの内容で2駆のアバントより約70万円高の627万円って、これまた悪くないなと、逆の考えも頭をよぎる。, いずれにせよ、軽くてキレがよくて緻密。そんな乗り味はアバントにもセダンにも地続きだった。知的で柔らかな雰囲気だが、SUV慣れした身体にピリッとくる。そんな新しいA4は、これまでアンチだった人にも一見の価値あるアウディといえる。, ■5つ星評価パッケージング:★★★★インテリア/居住性:★★★パワーソース:★★★★★フットワーク:★★★★★オススメ度:★★★★, 南陽一浩|モータージャーナリスト1971年生まれ、静岡県出身。大学卒業後、出版社勤務を経て、フリーランスのライターに。2001年より渡仏し、パリを拠点に自動車・時計・服飾等の分野で日仏の男性誌や専門誌へ寄稿。現在は活動の場を日本に移し、一般誌から自動車専門誌、ウェブサイトなどで活躍している。, 【プジョー 208 新型試乗】アンチ・ゴーカート・フィーリングの気持ち良さ…南陽一浩, 【ジープ レネゲード 4xe 新型試乗】イメージを、いい意味でグッと変えてくれました…竹岡圭, 【トヨタ MIRAI 新型試乗】意外な誤算?走りが楽しいプレミアムセダンに生まれ変わった…片岡英明, 【アウディ A4 改良新型】日本発売---エクステリア刷新、マイルドハイブリッドを搭載, ホンダ コンチェルトの兄弟車も…あの頃の輸入ステーションワゴン・その2【懐かしのカーカタログ】, 【アウディ e-tronスポーツバック 新型試乗】アウディとEVとの親和性の高さを実感…島崎七生人, 【DTM】アウディのレネ・ラストが近4年で3度目の王座獲得…シリーズは来季2021年、新たな局面へ, アウディ『RS e-tron GT』、高性能「RS」初のEV…量産プロトタイプの写真, 【F1 トルコGP】フリー走行はレッドブル・ホンダのフェルスタッペンがトップ…上位7台中4台がホンダパワー, 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】古い世代のユーザーと決別する1.5Lエンジン…中村孝仁, わずか10mm、されど10mmの余裕!既存オーナーも必見、トヨタ RAV4の「オフロードパッケージ」を試す, 【ホンダ オデッセイ 改良新型】強さはあるがオラオラ系にはしない…デザイナー[インタビュー], 軽自動車から大型4WDまで“似合う”アルミホイール『ガルシアシスコ ブラックムーンエディション』登場.

Áりかけ Áかり Âレンジ 12, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18, Kindle Ů族 Ȧられたくない Ipad 4, ɝ Âイズ調整 Áかと 100均 6, Âランドセイコー Âーバーホール ȩ判 5, Julian Cihi Wiki 5, Ƶ本工芸 Âャスター Ŀ理 4, Ãンハン Űネタ Wiki 4, ə属札幌中学校 Ɂ去 ŕ 4, NJ Âージ Ɖ作り Ɖ 6, Âョジョ 2部 20話感想 5, Fortigate Dpd Ȩ定 14, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18,